HOME > 大豆油糧日報

大豆油糧日報

トップニュース

GMO表示検討会、日本植物油協会・日本醤油協会などからヒアリング (7/21)

 消費者庁は19日、第3回遺伝子組換え(GMO)表示検討会を開催し、義務表示対象外となっている食用油、しょうゆの業界団体のほか、イオンリテール、日清シスコからヒアリングを行った。    日本植物油協会の齊藤昭専務理事は、GMO表示について対象品目は、加工後に組み換えDNAが検出される製品が原則であるべきとした。さらに義務表示拡大は安全性に関する表示が優先されるべきで、選... <続き>

今日のニュース

  • 「冷やしかつ丼」を20店舗限定で提供、出汁氷でさっぱり-リンガーハット

  • トリュフとポルチーニ使用のステーキしょうゆなど8月発売-キッコーマン食品

  • ハナマルキ、砂糖不使用「塩こうじジェラート」を専門店とコラボで期間限定発売

  • 日清オイリオ・横浜事業場、今年も夏休み特別オープンファクトリーを実施

媒体情報

大豆と油脂・大豆加工食品の動向を伝える日刊専門紙

大豆から作られる食用油や、豆腐、納豆、みそ、しょうゆを始めとした日本の伝統食品は、毎日の食卓に欠かせないものです。「大豆油糧日報」では、発刊からおよそ半世紀にわたり、国内外の原料大豆の需給動向、また大豆加工食品の最新情報を伝え続けております。昨今の大豆を巡る情勢は、世界的な人口増大と経済成長、バイオ燃料の需要増大により、大きな変化を続けております。一方で、大豆に関する健康機能の研究も進み、国際的な関心も集めています。そうした情勢変化を読み解く、業界にとっての道標となることを、「大豆油糧日報」は目指しています。

創刊:
昭和33年(1958年)1月
発行:
週5日刊(土・日曜、祭日休み)
体裁:
A4判 7~11ページ
主な読者:
大豆卸、商社、食用油メーカー、大豆加工メーカー(豆腐、納豆、みそ、しょうゆなど)、関係団体、行政機関など
発送:
東京、大阪の主要部は直配(当日朝配達)、その他地域は第3種郵便による配送 *希望によりFAX配信も行います(実費加算)
購読料:
3ヵ月=本体価格25,000円+税
6ヵ月=本体価格49,700円+税
1年=本体価格97,300円+税

大豆と油脂・大豆加工食品の動向を伝える日刊専門紙 大豆油糧日報

試読・購読・書籍購入のお申し込みはこちら
ご協力頂いた方先着30名にプレゼント実施中!
出展申し込み受付中! お早めにお申込み下さい!
BANNER_SPACE.gif
HACCP認証 大井・青海流通センター特別募集中!