HOME > 大豆油糧日報

大豆油糧日報

トップニュース

東日本大震災からの農業復興過程、岩手・宮城・福島の状況を報告-農水政策研 (4/24)

 農林水産政策研究所はこのほど、「東日本大震災津波被災地における農業復興過程に関する現状と課題」の研究成果報告会を開いた。    はじめに同研究所の小野智昭上席主任研究官(写真)が研究の課題について、「震災直後は90年以降の大規模災害の復興事例のレビューを行い、農業と農村の復興のあり方の示唆を得た。実態調査では津波被災地における農業、農村の復興過程を分析した」と述べ、津... <続き>

今日のニュース

  • ブラジル南部で大豆成熟に遅れ、アルゼンチン北東部で大雨-米農務省

  • Jオイルミルズ家庭用油動向、「コクとうまみの大豆の油」新発売-食用油特集⑤

  • 母の日限定ママボックス発売、笑顔こぼれるドーナツ-KKDJ

  • キッコーマン人事異動(5月1日付)

媒体情報

大豆と油脂・大豆加工食品の動向を伝える日刊専門紙

大豆から作られる食用油や、豆腐、納豆、みそ、しょうゆを始めとした日本の伝統食品は、毎日の食卓に欠かせないものです。「大豆油糧日報」では、発刊からおよそ半世紀にわたり、国内外の原料大豆の需給動向、また大豆加工食品の最新情報を伝え続けております。昨今の大豆を巡る情勢は、世界的な人口増大と経済成長、バイオ燃料の需要増大により、大きな変化を続けております。一方で、大豆に関する健康機能の研究も進み、国際的な関心も集めています。そうした情勢変化を読み解く、業界にとっての道標となることを、「大豆油糧日報」は目指しています。

創刊:
昭和33年(1958年)1月
発行:
週5日刊(土・日曜、祭日休み)
体裁:
A4判 7~11ページ
主な読者:
大豆卸、商社、食用油メーカー、大豆加工メーカー(豆腐、納豆、みそ、しょうゆなど)、関係団体、行政機関など
発送:
東京、大阪の主要部は直配(当日朝配達)、その他地域は第3種郵便による配送 *希望によりFAX配信も行います(実費加算)
購読料:
3ヵ月=本体価格25,000円+税
6ヵ月=本体価格49,700円+税
1年=本体価格97,300円+税

大豆と油脂・大豆加工食品の動向を伝える日刊専門紙 大豆油糧日報

試読・購読・書籍購入のお申し込みはこちら
  FOODEX JAPAN2017でお待ちしております!
HACCP認証 大井・青海流通センター特別募集中!