HOME > 酒類飲料日報

酒類飲料日報

トップニュース

「角ハイボール缶350ml」が3カ月連続で順位上げ4位―5月のPOS (7/21)

本紙が採用している小売POSデータ(資料面に掲載)から、5月の「スピリッツ」「リキュール」「その他の醸造酒」の3品目を横断する「第3のビール」「低アルコール飲料」の上位12品目を抽出した。 項目は左から「今月順位」「前月順位」「商品名・容量」「メーカー名」「売上金額(円)」「平均単価(円)」「カバー率」。 第3のビール(新ジャンル)は、3月・4月が3位の「金麦 350m... <続き>

今日のニュース

  • クラフトビールへ本腰、アサヒビール茨城工場にマイクロブルワリー導入

  • サントリー、瓶入りRTD「サウザクーラー」を投入、テキーラ活性化へ

  • 7月24日を「テキーラの日」と制定、USAさん、INORANさん招き発表会

  • 「コト訴求型MDによるトライアル購買促進」を提案―三菱食品展示会

媒体情報

酒類に関する全ての情報が分かる日刊の専門紙

2006年9月に酒販免許が実質自由化されたことはご存知でしょうか。お酒を購入する場所は「酒屋」からスーパーやコンビニに変わりました。いま、売場だけでなくメーカーや卸売業者など酒類業界にも変革の波が一気におしよせています。ビールメーカーはオープンプライスを導入したり、同業他社にM&Aを仕掛けたりと「横並び」と言われた業界構造が音を立てて崩れています。末端小売6兆円という巨大な飲酒市場をめぐってビジネスに勝ち抜くためには日々の新鮮な情報が欠かせません。情報力が企業の業績に直結する時代に、酒類業界のスタンダード紙である酒類飲料日報の購読を是非お奨めいたします。

創刊:
昭和42年(1967年)8月
発行:
週5日刊(土・日曜、祭日休み)
体裁:
A4判 7~11ページ
主な読者:
官庁、団体、酒類メーカー、インポーター、商社、卸、小売、機器・資材関係など
発送:
東京、大阪の主要部は直配(当日朝配達)、その他地域は第3種郵便による配送 *希望によりFAX配信も行います(実費加算)
購読料:
3ヵ月=本体価格21,000円+税
6ヵ月=本体価格41,000円+税
1年=本体価格79,300円+税

米・精麦・小麦粉及び小麦粉二次加工製品の専門情報が詳細に分かる日刊紙

試読・購読・書籍購入のお申し込みはこちら
ご協力頂いた方先着30名にプレゼント実施中!
出展申し込み受付中! お早めにお申込み下さい!
BANNER_SPACE.gif
HACCP認証 大井・青海流通センター特別募集中!