HOME > 酒類飲料日報

酒類飲料日報

トップニュース

割材メーカーの提案が活発化、レモンサワーブームで (9/25)

 普段、料飲店で親しまれているサワーやカクテル。これをバックヤードで支えているのが、いわゆる「割材」だ。ここにきて割材メーカーの提案が一気に面白くなってきた。  要因としては、ずばり「レモンサワーブーム」によるもので、連続式蒸留焼酎を製造するメーカーからも提案が相次いでいたが、「レモン側」の割材を取り扱うメーカーの動きも盛んになってきた。 冷凍フルーツに強い丸源飲料工業... <続き>

今日のニュース

  • 米国のクラフトビール設備の販売開始―大阪サニタリー

  • ベトナム屋台酒場「デンロン」をオープン-イートファクトリー

  • インタビュー 伍魚福・山中勧社長 「珍味を極める」会社、 他方でコトPOP研究所で「おもしろい売り場づくり」を応援

  • パイパー・エドシック「ロゼ・ソヴァージュ」の新しい提案―日本リカー

媒体情報

酒類に関する全ての情報が分かる日刊の専門紙

2006年9月に酒販免許が実質自由化されたことはご存知でしょうか。お酒を購入する場所は「酒屋」からスーパーやコンビニに変わりました。いま、売場だけでなくメーカーや卸売業者など酒類業界にも変革の波が一気におしよせています。ビールメーカーはオープンプライスを導入したり、同業他社にM&Aを仕掛けたりと「横並び」と言われた業界構造が音を立てて崩れています。末端小売6兆円という巨大な飲酒市場をめぐってビジネスに勝ち抜くためには日々の新鮮な情報が欠かせません。情報力が企業の業績に直結する時代に、酒類業界のスタンダード紙である酒類飲料日報の購読を是非お奨めいたします。

創刊:
昭和42年(1967年)8月
発行:
週5日刊(土・日曜、祭日休み)
体裁:
A4判 7~11ページ
主な読者:
官庁、団体、酒類メーカー、インポーター、商社、卸、小売、機器・資材関係など
発送:
東京、大阪の主要部は直配(当日朝配達)、その他地域は第3種郵便による配送 *希望によりFAX配信も行います(実費加算)
購読料:
3ヵ月=本体価格21,000円+税
6ヵ月=本体価格41,000円+税
1年=本体価格79,300円+税

米・精麦・小麦粉及び小麦粉二次加工製品の専門情報が詳細に分かる日刊紙

試読・購読・書籍購入のお申し込みはこちら
出展申込み受付中です。詳しくはこちらをClick!
BANNER_SPACE.gif
HACCP認証 大井・青海流通センター特別募集中!