HOME > 米と流通

2017年9月号

 

特集 平成29年産米の需給を俯瞰する 7月篇

インタビュー

 
食料・農業・農村政策審議会会長に就任した

 

中嶋康博 東大教授(食糧部会長)


nakajima.JPG

 
  ~業界再編にはある種の社会的ジレンマのようなものがあると思います。吸収合併や廃業など、お互いが競争する中で最後の最後にチキンレースをしてしまう可能性があるのです。つまり、トータルで見れば「そろそろやめたほうがいいんじゃないか」と最適解が見えているのに、個々のプレイヤーはそれを最適解とは思えない、いわゆるゲーム理論でいうところの「囚人のジレンマ」のような社会的ジレンマに陥っているのではないでしょうか。~ 

 

 

岐路に立つコメ先物 3

 
試験上場再々延長を認可


ここだけの話

 
二人の独り言46 ラスコーリニコフ



インタビュー

 
創立20周年迎えた ビジョンバイオ㈱

 
代表取締役社長 塚脇博夫 氏




TOPICS

 

 

 ますます冴え渡る好評の連載陣

斜めから物申す
其の百十四 経産占領農政からの脱却


稲 徒然なるままに 米 コラムニスト 米田 共
第23回 農業白書を読む③


ライスネットの相場展望 ライスネットワーク・イン・ジャパン
179 「古米化」目前に控えた28年産
総体の需要減続くが伸びる古米需要


元気な米屋
㈱サンエー 大阪市都島区
小売事業部店舗/ウイン毛馬本店
業務用酒類販売でも実績、「米」「酒」の情報発信も多彩

米売れ筋POSランキング2017年7月 ㈱KSP−SP
数量・金額とも前月比増だが前年比減
道産米弱く青森産米強く、北陸コシ中心に西の独自銘柄も駆け込み


—資料—
米取引業者の景況判断DI(米穀機構)
事前契約数量と相対価格・契約数量の推移(農水省)
相対取引価格と相対契約数量(農水省)
産地別集荷・契約・販売状況(農水省)
民間在庫の推移(農水省)
産地別民間在庫の内訳(農水省)
米の家計調査、小売物価統計(総務省)
米の消費動向調査結果(米穀機構)
大阪堂島商品取引所コメ先物相場実績
8月のBBN米価

 
 
 

媒体情報

米穀販売業界を対象にした専門月刊誌

 
米産地の生産動向、生育概況のほか、米穀の取引相場、米穀専門販売店「売りのノウハウ」を満載しています。発刊以来間もなく35年を迎えようとしている 「親しまれる米穀専門誌」を目指しています。また、これから米ビジネスにチャレンジされようとしている方にも、わかりやすい内容で編集しています。
 
創刊:   昭和53年(1978年)4月
発行:   毎月1日(別冊「わかりやすい米のハンドブック」含め年12回)
体裁:   B5判 約60ページ
主な読者:   米穀卸・小売、産地集荷業者、JA、生産法人、行政機関、量販店、外食産業、金融機関ほか]
発送:   メール便による配送
購読料:   1年=本体価格15,000円+税(送料込) ※別冊「わかりやすい米のハンドブック」含みます)
  媒体情報
 

紙面内容

 
月替わりで米穀に関する特集をお届けしています。また、米穀生産・販売のホットニュース、ライスネット相場展望は米穀卸・米穀専門店の経営に欠かせない情 報を網羅しています。西やんシリーズの米穀店マーケティング戦略講座は米穀専門店(小売店)の今後の進むべき道しるべを毎回示しています。論説「観測気 球」、繁盛米穀店シリーズ「元気な米屋」、米売れ筋POSランキングなど定番企画も充実しています。専門的な資料も毎回掲載しています。
 
 

別冊「わかりやすい米のハンドブック」

     
米穀業界で唯一のポケット版お米のデータブックです。米ビジネスに携わる方には必携の資料です。年1回(9月)発行。A6版208ページ。定価1,600円(税・送料別)。月刊「米と流通」定期購読者は、本体購読料に含みます。 主な内容は、コメ価格センターの入札結果、政府米買い入れ・売り渡し入札結果、MA米売り渡し結果、SBS入札結果、卸・小売価格の年間推移、米の取引制度・仕組み、米の生産量、作付面積、米穀販売業者の経営概況、米穀の表示ガイドライン、米加工食品データ、業界団体名簿ほか。
  別冊「わかりやすい米のハンドブック」
 
購読・試読・書籍購入のお申し込みはこちら
 
 
出展申込み受付中です。詳しくはこちらをClick!
BANNER_SPACE.gif
HACCP認証 大井・青海流通センター特別募集中!