味の素AGFは、6月12日から500mlPETコーヒーの「ブレンディ タグゴー」を、コンビニエンスストア限定で発売した。ブラックとカフェオレの2アイテムで展開している。

同社の調査によれば、パーソナルサイズのペットボトルコーヒーは、シンプルな素材にこだわったものを求める傾向にあることから、ブラックは挽きたてコーヒーをじっくりと焙煎し、低温抽出した。カフェオレは、挽きたてコーヒーと乳性分は牛乳だけを使用し、常温でも飲み飽きないすっきりとした味わいにした。

ネーミングは自宅外で飲用するシーンを表現するため「GO」を採用し、SNSでのシェアを促すワードとして「#(ハッシュタグ)」をつけている。手になじみやすいフィット感のあるやわらかボトルを使用し、パッケージは各4種類のイラストを施した。

〈食品産業新聞 2018年6月18日付より〉

【関連記事】
・「ジョージア」も500mlPETコーヒー参入 商戦活発化、各社「クラフトボス」を追う
・コーヒーの消費量 6年ぶりに減少も、"拡大傾向"は継続
・“日本人のためのコーヒー”、国産の豆で実現へ 鹿児島県・徳之島で苗植え/味の素AGF
・味の素18年3月期決算、日本冷食21億円増1,008億円、海外も78億円増1,062億円
・味の素、イノベーションセンター開設 西井孝明社長「社会課題解決へ貢献目指す」