UMAMI BURGER JAPANはこのほど、米国ロサンゼルス発のバーガー専門店「UMAMI BURGER(ウマミバーガー)」の2号店を横浜みなとみらいに開店した。17年3月に上陸した青山店に続く2号店目で、店内での飲食はもちろん、テイクアウト専用カウンターも併設し、横浜の街や海を感じながら食事を楽しむことができる。同社は、2020年までに全国に10店舗の展開を計画しており、待望の2号店目のオープンを機に、出店攻勢を強めていく。

本国アメリカでは20店舗以上展開するウマミバーガーは、甘味・酸味・塩味・苦味、そして第5の味覚「旨味(ウマミ)」に由来するバーガーショップで、新鮮素材とウマミを引き出す調理法から上質なハンバーガーを提供している。牛肉、チーズ、トマト、マッシュルームなどのうま味が多く含まれる食材を使用し、食材のうま味を最大限に引き出す調理法で作られる。

今回オープンした2号店は、開発が続き進化し続けるベイタウン横浜・みなとみらいに出店。ゆっくりくつろぐことができるラウンジ席を設け、店内での飲食はもちろん、テイクアウト専用カウンターを設けた。近隣のオフィス街のランチ時のテイクアウト需要や休日の行楽需要にも応える。

同店限定メニューには「ザ・ディップ」(税抜き1580円)を用意。トロトロに溶けたチェダーチーズにソテーしたマッシュルームやグリルオニオンを合わせ、“うま味”を存分に引き出したハンバーガーで、生クリームと胡椒がベースのオリジナルソースにディップして食べる新しいスタイルで提供する。

またテイクアウトについては専用パッケージを新たに導入。ブランドカラーである、黒とオレンジを基調にしたオリジナルデザインに一新し、青山店でも提供を開始する。

【店舗概要】
・住所=神奈川県横浜市西区みなとみらい3‐6‐1MMcruise内
・席数=47席
・客単価=2000~2200円

〈食品産業新聞 2018年10月15日付より〉