〈配合や肉の挽き方にこだわり〉
株式会社プレナスは7月22日から、同社が展開する定食レストラン「やよい軒」で、定番商品のハンバーグ定食をリニューアルし、定食3商品と、弁当3商品の合計6商品を発売する。ただし、弁当の販売は取り扱いのない店舗がある。

今回のリニューアルでは、牛肉と豚肉の配合や肉の挽き方にこだわり、厚みのあるジューシーなハンバーグに仕上げた。外はしっかり、中はふっくらと仕上げることで、箸を入れると、じゅわっと肉汁が溢れ出すという。「てりマヨ」「デミグラス」「4種のチーズ」の3つの味をラインアップ。

「てりマヨハンバーグ定食」(790円、以下税込)は、照り焼きソースに2種類の本醸造醤油を使い、にんにく、ごま油を加えて風味豊かに仕上げた。マヨネーズと一緒に食べることで、こってり感がたまらない商品。テイクアウト可能な「てりマヨハンバーグ弁当」(720円)も販売する。

「デミハンバーグ定食」(830円)のデミグラスソースは、焼いた牛すじと香味野菜を6時間炊き出したブイヨンに、トマトペーストや香辛料を合わせている。食感とコクを出すためにオニオンソテーを加え、濃厚な味わいに仕上げた。テイクアウト可能な「デミハンバーグ弁当」(760円)も販売する。

「4種のチーズハンバーグ定食」(890円)は、デミグラスソースをかけたハンバーグに、ゴーダ、レッドチェダー、モッツァレラ、パルメザンの4種のシュレッドチーズをのせている。とろけるチーズのコクと風味が楽しめる商品。テイクアウト可能な「4種のチーズハンバーグ弁当」(820円)も販売する。