味の素は17日、2020年を目指す「2017~2019(for2020)中期経営計画」を発表した。西井孝明社長が説明した。19年度計画は、連結計で売上高1兆3,112億円(16年度予想1兆950億円)、事業利益1,240億円(927億円)、うち食品は売上高9,609億円(8,174億円)、事業利益1,025億円(805億円)。食品のうち日本食品は売上高4,335億円(4,030億円)、利益485億円(411億円)、海外食品は売上高5,274億円(4,144億円)、事業利益540億円(394億円)。

--全文は本紙にてお読みいただけます。