日本冷凍食品協会が19日発表した、2016年(暦年)の冷食国内生産量(速報値)は前年比2.3%増の155.4万tと3年ぶりに前年を上回り、過去最高を更新した。北海道の台風被害による農産品の減少を、調理品の増加でカバーした形だ。金額ベースでは6,871億円と前年並み。前年は各社が実施した製品値上げを受けて単価上昇が見られたが、当年は下落に転じた。

--全文は本紙にてお読みいただけます。