日本冷凍めん協会がこのほど、公表した調査結果によると、2016年(1~12月)の冷凍めん年間生産食数は、業務用+市販用の合計で前年比2.6%増17億2,835万食と前年を上回った(※前年比は本紙算出。だだし、調査へ回答した企業が毎年同一ではないため母集団が異なり、参考値である。以下同)。 業態別では、業務用は前年比4.7%減9億 3,819万食と減少したが、市販用は12.9%増7億9,016万食と伸長し、全体を押し上げた。 同調査には国内で冷凍めんを製造している企業を対象に郵送式自記入アンケートで実施。今回は45社(前年45社)が回答した。 --続きは本紙で。