「ボイルでサクッと」シリーズは2019年4月に業務用完調品として発売以来、すでに全国の高齢者施設の2000カ所以上に導入されている。

特に医療シルバー施設では人手不足が深刻で、調理する人が足らずに食事提供自体がままならなくなっている。そこで委託給食・自家調理・弁当宅配に代わり「完成食宅配」が今、市場を急激に拡大中である。

各種調理の中でも喫食者に不満の多いのが揚げ物だ。このニーズに応え、揚げずにボイルで食べられ、しかも衣のサクッとした食感による美味しさと小規模対応できる商品として全国の利用者に大歓迎されている。

ニチレイフーズが2013年に特許取得した「衣革命」を基盤とした独自製法で、特殊技術でバリヤー層が中種の水分を衣に移さず、油調理済み品を真空包装して中種や外気の水分の移行も抑制、ボイル調理なのに揚げたようなサクッと感を実現した。

現在「ボイルでサクッとコロッケ(牛肉入り)」「同クリームコロッケ(かに入り)」の2品だが、需要増に応え各種新商品を開発中だ。

〈食品産業新聞 2019年12月2日付より〉