サントリー九州熊本工場は12日、昨年4月の熊本地震で被災し、休止していた工場見学を再開した。同日、サントリーホールディングスの鳥井信宏副社長、サントリービールの山田賢治社長、橋本猛九州熊本工場長が出席し、見学再開セレモニーを開催した。工場見学には、一昨年に10万2,000人、昨年は1~3月で2万1,000人が訪れており、今年は7万人の来場を計画している。(続きは本紙で)