国分首都圏と国分関信越と国分フードクリエイトの3社は、27日と28日の両日、池袋サンシャインシティで「2017国分グループ首都圏・関信越エリア展示会」を開催している。量販店バイヤー、料飲店など約4,200人が来場する予定。出展メーカー・団体は329で、内訳は加工食品156、酒類10、菓子26、低温118、新発県19。アイテム数は合計5,888で、内訳は加工食品2,400、酒類100、菓子480、低温2,080、オリジナルのK&K240、オリジナル酒類56、日本橋菓房など425、その他107。

【企画ゾーン①】国分の未来予測▽人手不足に役立つ国分の機能▽小売業様のオムニチャンネル支援--などの展示や「灘の酒価値向上プロジェクト」では、料飲店向けに、灘の各社(大関・菊正宗・沢の鶴・日本盛・白鹿・白鶴)の特撰をぬる燗(40度前後)で飲み比べを行う(写真)。本格的な料飲店形式で、お通しの「缶つまスモークうずら卵」と一緒に楽しむもの。同社では「燗酒に力を入れて、おいしく提供しているお店は極めて少なく、他店と差別化できる」「灘の酒はキング・オブ・燗酒。精米歩合60%~70%、米を磨きすぎないからお酒に米の旨みをもたらし、山田錦を中心に酒造好適米を絶妙に加え、秘伝のブレンド率で醸造。微量の 

醸造用アルコール添加により、香りを立たせて味わいを軽快にしてキレと安定を与える」「メニューでしっかり燗酒を訴求するためにも“燗酒(温めた日本酒)”“灘の酒(○○○特撰)”など、わかりやすくすることが大切」としている。

【企画ゾーン②】▽ギフトニーズの新たな切り口▽味わってください! 新潟地酒の魅力▽Let'Sプレミアムフライデー--など。プレミアムフライデー提案では、「ザ・プレミアム・モルツ」「知多」「ジム・ビーム」「トマーティン」「七賢」「ジャガール・ブリュット」などを提案。

【国分ブランドゾーン】「缶つま」などのK&K商品。ブランド「Tabete」。日本橋菓房、新ブランド「ライマット」をはじめとするワイン・ウイスキーの洋酒ブランド群など。

【商品発掘ゾーン】全国の地域密着メーカーの商品、ビール大手メーカーの出展、また灘・伏見大手の特定名称酒・普通酒の比較?酒会など。