サッポロビールは、10月から中国市場向けに輸出を再開し、本格的に市場参入する。中国におけるブランド確立をめざし、Anheuser-Busch InBev N.V.(ABI)社を総代理店として、すでに北米・アジア・欧州等の市場で販売している「サッポロプレミアムビール」の販売委託を開始する。契約対象は、アンハイザー・ブッシュ・インベブ・上海。

「サッポロプレミアムビール」を、11月上旬・上海、北京など中国沿岸部を中心とした都市部で発売する。330ml瓶、650ml缶、20L 樽。

中国は世界最大のビール消費国であり、特に輸入ビールブランドが属するプレミアムセグメントは、劇的な伸長を続けているとして、このセグメントに参入し、販路拡大していく考え。また「日本食市場の拡大、訪日観光客の増加による日本ブランド製品の人気など、市場への再参入には好機ととらえ、プレミアムセグメントで圧倒的な存在感を持つABI社と総代理店契約を締結し、販売委託を開始することとした」(同社)としている。

ABI社と協働し、2022年には100万ケース(大びん633ml×20本換算)の販売数量を目標とし、中国でのブランド確立を目指す。

〈酒類飲料日報 2018年9月21日付より〉