札幌国税局はこのほど、平成30酒造年度の新酒鑑評会の結果を発表した。

同鑑評会は酒造技術の向上を目的として行われるもので、今回は道内12場の清酒製造者から計115品の新酒が出品。

そのうち道産米吟醸酒の部(北海道産米100%使用の大吟醸酒または純米大吟醸酒)では54点中6点、吟醸酒の部(大吟醸酒または純米大吟醸酒)では32点中2点、純米酒の部(精米歩合55%以上の純米酒)では29点中6点が受賞した。
札幌国税局 平成30年度新酒鑑評会 出品・受賞概要

札幌国税局 平成30年度新酒鑑評会 出品・受賞概要

〈酒類飲料日報 2019年4月12日付〉