国分北海道は8月19日、北海道高等学校長協会農業部会主催「ほっかいどう農業高校大会2020」で札幌テレビ放送と協力し、コロナ禍で催事販売の機会がなくなった農業高校の生徒が生産した農産物の販売支援を行うとともに、実践的な学びから、地域に先駆けたビジネスモデルを創り出す人材の育成を支援する。

これまで、道内26校の生徒たちが、生産した農産物や加工品を、小売業の催事などで販売をしてきた。コロナ禍により店頭催事が中止となり、販売機会がなくなったことから、札幌テレビネットショッピング内で「ほっかいどう農業高校大会2020」を開催し、生徒が生産した商品の販売を支援する。商品は単品としてだけでなく、国分北海道の物流機能を活用し、各校が生産した商品を組み合わせたアソートセットを作成し、付加価値を高める。
ネットサイトの開設期間は8月24日~10月上旬ごろまでを予定、参加校は農業高校等26校。商品の発送は10月以降順次行う。

〈酒類飲料日報2020年8月21日付〉