日本酒類販売は10月1日、シャンパーニュ「ニコラ・フィアット」から「リミテッド・エディション ブリュット ブラン・ド・ブラン NV inspired by HOKUSAI」(税別6200円)を発売した。同ブランドでは初となるノン・ヴィンテージのブラン・ド・ブランで、2万本限定。

10月15日には、同ブランド主催でセミナーを開催。ブランドアンバサダー、ファビアン・フルリ氏は同品について、「和食や鮨屋に合う和柄のシャンパーニュが欲しいとの要望を受け、美食家でもあった葛飾北斎の“冨嶽三十六景”をモチーフとした限定ボトルを企画した。“ニコラ・フィアット”は11のグランクリュ、26のプルミエクリュを含む2,100haの畑を有する。繊細な和食との相性を考え、醸造責任者のギョーム・ロフィアン氏が選んだのは、コート・ド・ブランのシャルドネをメインとする“ブラン・ド・ブラン”。セザンヌ、ヴァレ・ド・ラ・マルヌのぶどうも使用する。ベースとなるヴィンテージは2016年で、ドサージュは6~7.5g。香りの中に柚子の要素があり、魚介類から野菜、豆腐まで幅広い和食に合わせられる」と話した。
ブランドアンバサダーのファビアン・フルリ氏と、フードコーディネーター・大江弘明氏

ブランドアンバサダーのファビアン・フルリ氏と、フードコーディネーター・大江弘明氏

「鮨とワインのアカデミー」代表で、「ニコラ・フィアット」フードコーディネーターの大江弘明氏は、同品の特徴として「生の魚介類と合わせても生臭くならない」「寿司や和食の繊細な味わいを消さない」「和食や寿司と同調する要素を持つ」「生臭みを包み込むマスキング効果」の4点を挙げた。
 
テイスティングでは、鉄分の多い鮑(アワビ)や伊勢海老、帆立(ホタテ)を使った日本料理とのペアリングを提案。白ワインや赤ワインよりも鉄分が少なく、料理と同調する和柑橘や生姜の香りを持つ同品が「和食と最高のペアリングを楽しめるシャンパーニュ」として訴求した。
 
白木のカウンターに映えるボトルデザインも魅力のひとつ。今後は、日本各地の郷土料理や寿司ネタとのマリアージュを展開する予定だ。
 
〈酒類飲料日報2020年10月19日付〉