鶏肉加工事業を展開するマザーフーズ(大阪市都島区、柴田佳昌社長)は11月30日、兵庫・尼崎市に新設した尼崎工場で竣工式を開催した。同社は、焼き鳥用の手打ち串や切り身などの加工のほか、惣菜店や外食店の運営など鶏肉関連の事業を展開。手羽元から丁寧に骨を外して唐揚げにした「手羽トロ唐揚げ」は同社の看板商品。2008年の設立以来、毎年成長を続けており、今期(18年5月期)の売上高は過去最高となる25億円を見込んでいる。

従来は大阪市内の都島本社、都島第2、旭第3工場の計3工場で稼働していたが、尼崎工場の完成に伴い、都島第2工場から焼き鳥用の手打ち串などの鶏肉加工品生産ラインを移設。尼崎工場は12月4日から稼働を開始する。工場の稼働にあたり、従来の工場で得たノウハウ、都島第2工場で抱えていた改善点を反映させて、作業動線を考慮して機器類を配置した。また、新工場の目玉として、大型のトンネルフリーザーを導入した。大西良広工場長は、「新工場の完成により、都島第2工場から約3倍にまで生産能力を高めることができた」と胸を張る。また、「今まで以上に衛生管理に取り組むことができた」と利点を話す。
大西良広工場長

大西良広工場長

今後については、「HACCP(ハサップ) などの認証取得にも取り組む計画。床の色分けなどはすでに行っている」と語る。尼崎工場は大手外食チェーンの製造工場内に立地しており、同チェーン向けに鶏肉加工品を製造するほか、今後は「外部への販売も強化していく」(柴田社長)考えだ。

<尼崎工場概要>▽住所=兵庫県尼崎市神崎町12-28▽電話番号=06-6423-8333▽FAX=06-6423-8344。

〈畜産日報2017年12月4日付より〉