日本フードサービス協会(JF)が27日に公表した7月分の外食産業市場動向調査によると、ファミリーレストラン(FR)焼肉の売上高は前年同月比2.0%増となり、20カ月連続で前年実績を上回って推移しているが、前月の伸び(7.0%増)と比べるとやや失速気味となった。 

調査によると、7月の外食市場全体は、土曜日が1日少ない曜日周りと、西日本を中心とした豪雨被害や全国的な猛暑、台風などの天候要因により客数が同1.1%減少。客単価の上昇(1.7%増)で売上げは0.5%増と23カ月連続で昨対増となっている。こうしたなか、FR焼肉は客単価が0.1%減となったものの、客数は2.1%増と好調だった。これに対して、FR洋風の売上げは上述の影響で客数が4.3%減少し、客単価が2.8%増加したものの、売上げは1.6%減と再びマイナスに転じた。FR全体での売上げは0.5%減だった。 

FF(ファストフード)の和風はウナギの販売が好調で、客単価が3.2%増加、客数が0.5%減とほぼ前年並となり、売上げは2.6%増となった。FF洋風は季節商品や500円のランチセットなどが好調で売上げが3.0%増、客数は0.1%増、客単価も2.9%増とマズマズの結果だったようだ。FF合計の売上げは2.0%増となっている。 

このほか、ディナーレストラン業態の売上げは0.2%増。曜日周りや天候などマイナス要因が多いなかで、価格がリーズナブルな店舗や商品が顧客に支持され、客数が0.1%増、客単価も0.2%増とほぼ前年並みとなった。「パブ・ビアホール」は、月間キャンペーンで好調だった店があるものの、天候要因がビアガーデンなどに大きく影響し、売上げは3.1%減少。居酒屋は、悪天候に加え、他業態との競争や店舗減少が続いており、売上げは3.1%減と、こちらも厳しい結果となった。 

〈畜産日報 2018年8月28日付より〉