一般社団法人東京食肉市場協会が主催する「第4回東京食肉市場豚枝肉共励会」(第59回農林水産祭参加)が8月28~30日、東京都港区の東京都中央卸売市場食肉市場で開かれた。今年で4回目を迎える共励会には、全国11県・42戸の生産者から手塩にかけて育てた選りすぐりの肉豚1,000頭が出品された。

30日午前に行われた枝肉審査の結果、最上位となる名誉賞には岩手県盛岡市のケイアイファウム玉山農場の出品豚(極上、枝肉重量76.0kg、ブランド名:岩中ポーク)が輝き、その後のセリ販売ではキロ単価1万2,036円(税抜き)でウスネフードが落札した。場内では多くの出荷・生産者が見守るなか、名誉賞の枝肉が1万円を超える値を付けた瞬間、歓声が上がっていた。
名誉賞 ケイアイファウム玉山農場の出品豚はウスネフードが落札

名誉賞 ケイアイファウム玉山農場の出品豚はウスネフードが落札

最優秀賞(2点)には、茨城県下妻市の倉持ピッグファーム(極上、77.5kg、瑞穂のいも豚、購買者:広瀬商店、単価:5,526円)、群馬県東吾妻町のあわ雪出荷会ヤマギシズム生活榛名実顕地(極上、76.0kg、あわ雪ポーク、単価:3,002円)が選ばれた。
 
〈畜産日報 2019年9月2日付〉