食肉コンサルタントの毛見信秀氏(㈱マオ・インターナショナル代表取締役)は6月初旬、食肉小売・卸売業者向けガイドブック「新・食肉販売ガイドブック“肉を知り、肉を売る”」(B5版・220頁)を発刊する。発行元はマオ・インターナショナル。

毛見氏が30年にわたる食肉コンサルタントで培ってきた知見を盛り込んだガイドブック。第1章の「食肉部門の位置づけ」から始まり、
▽製造小売業としての食肉部門
▽料理メニュー提供業としての食肉部門
▽荒利益の確保
▽鮮度管理と衛生管理
▽食肉の知識
▽計数管理
▽食肉部門における食育
▽食肉販売にかかわる関連法規
▽食肉消費の今後の展望(私見)
――などの章に分かれ、食肉の知識から食肉の製造・販売・技術など業務に役立つ一連のノウハウを学ぶことができ、社員教育や自己啓発などに役立つ一冊となっている。

価格は3,500円(税込み、送料別)。6月中の申し込みは、3,000円(税込み)、30部以上の申し込みは送料込みとなる。購入・問い合わせは、マオ・インターナショナル(Email:mao-kemi@nifty.com)まで。

〈畜産日報2021年5月10日付〉