日本国内で「ハイライフポーク」のマーケティング活動を展開する(株)HyLifePork Japan(東京都渋谷区)は10月1日~11月30日の期間、豚肉レシピ「プルドポーク」をテーマにしたフェアを開催している。全国のスーパーでオリジナルソースの提供を中心としたフェアを開催するほか、インスタグラムキャンペーンなどを実施するもの。

期間中は、全国のハイライフポーク取扱いスーパー各店でプルドポークの調理に適したブロック肉(肩ロース、ウデ肉など)に、代官山ハイライフポークテーブル篠嵜司シェフ特製のバーベキューソースを添付して販売する。

ハイライフポークのWebサイトでは、「プルドポークって何?から始めよう!」と題し、プルドポークの魅力や家庭で簡単にプルドポークが作れる動画、アレンジレシピなども発信している。

インスタグラムによるキャンペーンでは、同社公式アカウントをフォローし、キャンペーンに関する指定の投稿に「いいね!」して応募した人のなかから、抽選で「ストウブ ピコ・ココット ラウンド」「電気圧力鍋 Re・De Pot(リデ・ポット)」などが当たるキャンペーンを開催している。「#プルドポークチャレンジ」をつけてプルドポークの料理写真を投稿した人は当選確率がアップするという。

さらに、東京・渋谷区代官山のブランドショップ・レストラン「ハイライフポークテーブル」では、フェア期間中のランチ・ディナーで期間限定のスペシャルメニューを用意。最近話題の「スライダーバーガー(ミニバーガー)」やカナダで人気のフライドポテト「プーティン」などプルドポークの多彩なアレンジメニューを提供する。

同社では、オリジナルソースやPOPなどの販促ツールの提供でスーパーの売り場づくりをサポートするとともに、インスタグラムやレストランとの連動を図り、フェアをさらに盛り上げていく方針だ。

◆「プルドポーク」特設サイト/ハイライフポーク