オハヨー乳業は6月30日から、「メロンパンアイス」を全国のファミリーマートで数量限定リニューアル販売する。85ml、税込216円。種類別はアイスクリーム。

「メロンパンアイス」は、オハヨー乳業が2009年に、市販用商品としては日本で初めて商品化した菓子パン系アイス。当時、アイス市場において菓子パン系のアイスは珍しく、味や香りに加え形状までメロンパンそっくり、と話題になったが、年間販売の商品ではなかったこともあり大注目されはしなかった。

その後も改良を重ね、2018年1月のリニューアル発売で再注目、約3週間で売り切れてしまい、翌年の2019年1月の再リニューアル発売時も“2秒に1個売れる”ほどのヒットとなり、2020年1月のさらなるリニューアル・再々発売でも好評だったという。

〈関連記事〉ファミマ限定、“2秒に1個売れた”「メロンパンアイス」がバター感をアップして再登場/オハヨー乳業
https://www.ssnp.co.jp/news/milk/2019/12/2020-0110-1722-14.html


今回の「メロンパンアイス」は、発売時期が暑い季節となることから、ミルクリッチで濃厚ながらすっきりした後味の両立を意識してリニューアル。リッチな味わいは、アイス部分に北海道産生クリームを使用することで実現し、バター香るクッキーシューと絶妙なバランスで仕上げた。毎年の改良で完成度は大きく高まっており、オハヨー乳業は、「一般的なシューアイスとはひと味違う、本格的なメロンパンアイスを楽しんでほしい」としている。
ファミリーマート限定「メロンパンアイス」(オハヨー乳業)