東洋水産と北東北のスーパー・ユニバースは8月28日、共同開発商品「マルちゃん激めん塩分25%オフシリーズ」2品を発売した。

ユニバースは北東北で57店舗を展開するスーパーマーケット。「日頃から北東北エリアのお客様の塩分摂取量に課題がある」とし、減塩に向けた取り組みを取引先と連携しながら進めている。今回の商品については、「既存品よりも減塩タイプの方が美味しい」という声があったという。

発売したのは「激めんワンタンメン塩分オフ(1食当たり食塩相当量4.0g)」と「同みそ味(3.7g)」(ともに税込118円)。ユニバース全店舗(57店舗)で販売している。「減塩でも味に満足いただけるよう、ガーリックとジンジャーの風味を利かせた」(東洋水産)という。

発売に先立ち、両社は8月23日に青森県の三村申吾知事を表敬訪問している。東洋水産からは的場勉執行役員加工食品部長、西川正信東北支店青森営業所長、ユニバースからは長崎善人常務取締役商品本部長が訪問。三村知事は「減塩だからといって美味しくないということはなく、むしろより美味しいのではないか」と太鼓判を押した。

〈食品産業新聞 2018年9月6日付より〉