山崎製パン㈱(飯島延浩社長)は14日、2016年12月期決算を公表した。連結売上高1兆419億4,300万円(前期比1.4%増)、営業利益351億6,900万円(30.3%増)、経常利益369億500万円(30.4%増)の増収大幅増益となった。当期純利益は181億7,500万(63.8%増)。製品のアイテム数を適切な水準に管理し、生産面や物流面の効率化を進めた。次期(2017年12月期)予想は、売上高1兆510億円(前期比0.9%増)、営業利益370億円(5.2%増)、経常利益380億円(3.0%増)、当期純利益197億円(8.4%増)を見込む。

詳細は本紙をご覧下さい。