スーパー大麦素材事務局はこのほど、東京都江東区のイトーヨーカドーアリオ北砂店で「スーパー大麦バーリーマックス®新商品発表会・試食販売会を開いた。バーリーマックスはオーストラリア連邦科学研究機構が開発した大麦。一般的な大麦の約2倍の食物繊維を含む。また、β-グルカン、レジスタントスターチ、フルクタン等と、多種の食物繊維を含むことも特徴。既に㈱はくばくが「バーリーマックス入り雑穀ごはん」と「バーリーマックス」、日清シスコ㈱が「スーパー大麦 グラノーラ」に使用している。この日の発表会では計16品を紹介。4品がイトーヨーカドー限定商品、12品はイトーヨーカドー先行商品だ。写真は当日に商品紹介をした4社の担当者。左から森永製菓㈱株式会社の渡部耕平氏、㈱湖池屋の加藤俊輔氏、㈱ファインの山本亜弥氏、㈱不二家の大久保雄太氏。

詳細は本紙をご覧下さい。