農林水産省は6日、2017年10月期の輸入小麦の政府売渡価格を主要5銘柄平均で3.6%引上げt当たり5万2,510円(税込)とすると発表した。米国・豪州で小麦生育期に降水量が少なく、減収懸念から価格が上昇したほか、海上運賃も上昇、為替が円安傾向で推移したことなどが要因。

詳細は本紙をご覧ください。