日清製粉グループの日清エンジニアリング㈱(村田博社長)は、10月11日~13日にインテックス大阪(南港)4号館・5号館で開催される「粉体工業展大阪2017 粉づくり・ものづくり・夢づくり-粉の技術」に出展する。日清エンジニアリングのブースでは、微粒子領域(シングル~サブミクロン)での粗大粒子の除去能力に優れた旋回気流式分級機や、シングルミクロンへの効率の良い粉砕が可能な気流式粉砕機等の粉粒体機器を紹介する。

また、RFプラズマ法による金属・無機物等のナノ粒子や、最近注目されている金属粒子の球形化サンプルのほか、強力な排出機能を持ち少量多品種製造に対応する「マトコン・コンテナシステム」や、それらを応用した粉粒体のプラントエンジニアリング等の幅広い提案を行う。

詳細は本紙をご覧下さい。