農林水産省は6日、2018年4月期の輸入小麦の政府売渡価格を主要5銘柄平均で3.5%引上げ、t当たり5万4,370円とすると発表した。ハード・セミハード系が3.4%引上げの5万5,440円、ソフト系が3.5%引上げの5万1,980円となる。引上げ改定は、2017年4月期、同10月期に続き3期連続。

農林水産省では「直近6カ月間(2017年9月第2週~2018年3月第1週)の平均買付価格が、高タンパク小麦の減少懸念や収穫の遅れで価格が上昇したことに加え、燃料油価格の上昇によるフレート(海上運賃)の上昇、為替が円安傾向に推移したこと等が要因」としている。

〈米麦日報 2018年3月7日付より〉