(一社)日本雑穀協会(倉内伸幸会長)は18日、日本雑穀アワード デイリー食品部門〈2018・春〉の金賞授賞式を開いた。

今回は、(株)神戸屋の「7種の穀物とくるみのパン」、シノブフーズ(株)の「管理栄養士監修 黒米と甘酢唐揚弁当」、ヤマダイ食品(株)の「揚げ茄子とブロッコリーの10品目冷製あん」が受賞した。

冒頭、倉内会長は、「この忙しい現代社会でデイリー食品の需要は非常に高まっている。その中、よりおいしく、より価値の高いものが求められ、ますます需要が高まると思うが、更なる開発を期待している」と挨拶。長澤重俊代表理事((株)はくばく社長)は、「ご飯に混ぜて炊く雑穀だけでなく、いかに他の食べ方をするかというのは、我々にとっても大きなテーマ。前向きに取り組み、引きつづき雑穀が日本人の健康に資するよう取り組んでいきたい」とした。各社の受賞コメント要旨は以下の通り。

〈神戸屋〉「7種の穀物とくるみのパン」は発売から6年くらいになる。雑穀をパンに使うと、日にちが経つとパンがパサパサになってしまうが、このパンの開発では穀物のブレンドを工夫するとともに、大麦のモルトを生地に加えることで、しっとりした食感に仕上げた。発売当初は予想を上回る販売となり、現在も安定した販売が続いている。今回の受賞を受け、より雑穀を使った商品販売につなげていきたい。
〈神戸屋〉「7種の穀物とくるみのパン」

「7種の穀物とくるみのパン」(神戸屋)

〈シノブフーズ〉「管理栄養士監修 黒米と甘酢唐揚弁当」は雑穀飯の色合いといった見栄えだけでなく、メインのおかずには鶏の唐揚げを使用し、食べ応えもある内容に仕上げた。食塩相当量にも配慮し、これ1食で2.3g。仮に3食食べても6.9g。

「管理栄養士監修 黒米と甘酢唐揚弁当」(シノブフーズ)

「管理栄養士監修 黒米と甘酢唐揚弁当」(シノブフーズ)

〈ヤマダイ食品〉当社は着色料、保存料を使わない冷凍業務用商品を展開している。今回の「揚げ茄子とブロッコリーの10品目冷製あん」は、押し麦や黒米、赤米といった雑穀5品目を使用。1品で10品目を使用している。店舗で10品目を使用するのは手間が掛かるが、これであれば流水解凍でおいしく食べられる。

「揚げ茄子とブロッコリーの10品目冷製あん」(ヤマダイ食品)

「揚げ茄子とブロッコリーの10品目冷製あん」(ヤマダイ食品)

〈米麦日報 2018年5月22日付より〉

【関連記事】
・「日本雑穀アワード2018」一般食品部門、甘酒やお菓子も受賞/日本雑穀協会
・IWC2018「SAKE部門」(日本酒部門) 全国97銘柄に“ゴールドメダル”〈受賞酒一覧〉
・平成29酒造年度 全国新酒鑑評会結果発表、232銘柄が金賞を受賞〈金賞受賞酒一覧〉
・ワールドウイスキーアワード 最高賞に「イチローズモルト」「竹鶴」「白州」〈受賞酒一覧〉
・第23回“全国納豆鑑評会”出品205点の頂点に愛知・高丸食品「国産中粒納豆」〈受賞一覧〉