(株)中村屋(鈴木達也社長)は2019年1月25日に、同社武蔵工場(埼玉県入間市)内に、日本初の中華まん工場の常設見学施設「中華まんミュージアム」をオープンする。12月17日から一般予約受付を開始した。

「中華まんミュージアム」はシアター設備に加え、実際の製造ラインをパネル映像とともにガイドする。製造工程を順番に周り、見学の最後には武蔵工場で製造された「肉まん」の試食も。

見学は完全予約制。10時、14時スタートの2回(1回の所要時間は約90分)。休館日は水・木曜日、年末年始と工場休業期間。入場無料。予約は専用Webサイト(http://www.nakamuraya.co.jp/factory/)から。

〈米麦日報 2018年12月17日付より〉