INTERPORC(スペイン白豚生産加工者協会)は6日、日本生ハム協会(JCHA)協力のもと、千葉市美浜区の幕張メッセで行われた「FOODEX JAPAN2019」の会場で、「第2回白豚生ハム コルタドール国際コンクール JCHA-INTERPORCSPAIN杯」を開催した。

日本の精鋭である生ハムコルタドール6人がタイトルをかけて競い合った結果、田口令さんが優勝に輝き、第2位に後谷高光さん、第3位が中野雄司さんとなった。また、田口さんは芸術賞とのダブル受賞を果たした。

優勝者には副賞として、▽プロ仕様ハモネロ(ハム)1台▽生ハム原木1本▽記念盾▽白豚生ハム コルタドール国際コンクール・グランファイナルへの参加権とスペイン招待――が贈られた。

同コンクールは生ハムのカッティング技術を競い合う大会として国際的な認知度が高く、優勝した田口さんは、9月にスペインで開催されるグラン・ファイナルへの出場権を獲得し、スペイン各地やロンドン、東京で開催する各地区大会を勝ち抜いてきたファイナリストたちと競い合うこととなる。

〈畜産日報 2019年3月15日付〉