日清製粉グループの日清製粉(株)(山田貴夫社長)は4月8日、業務用小麦粉の特約店向け仕切り価格を7月10日出荷分から改定すると発表した。輸入小麦の政府売渡価格が4月1日から5銘柄平均で1.7%引き下げられたことに伴うもの。

改定額(25kg当たり、消費税含まず)は、△強力系小麦粉20円値下げ、△中力系・薄力系小麦粉10円値下げ、△国内産小麦100%小麦粉25円値下げ。

〈米麦日報 2019年4月9日付〉