木徳神糧(株)(平山惇社長)は12月16日、プラスチックごみを削減し、SDGsに貢献する特殊な米袋を使用した「無洗米特別栽培米 京都丹後『コシヒカリ』2kg」を発売する。

米袋は総重量の51%以上が紙で作られたもので、「従来の米袋に比べて1枚当たり約1.54gのプラスチックごみを削減できる」(木徳神糧)。京都丹後「コシヒカリ」は京都祐喜(株)との共同開発によるもので、栽培にはおからや米糠など自然に配慮した「京の豆っこ肥料」を使用した。希望小売価格は1,480円(税別)で、購入は生協・百貨店・インターネット販売から。

木徳神糧は「この商品を皮切りに、当社の理念である『コメをコアとした食と暮らしの提案』を積極的に進めるとともに、地球環境に優しい商品の開発に今後も取り組む」としている。

〈米麦日報2020年12月14日付〉