ビジョンバイオ(株)(福岡県久留米市、塚脇博夫社長)は7月5日から、水稲の葉から品種判定するDNA鑑定サービスの割引キャンペーンを開始する。

期間中、葉から指定品種か否かを判断する「定性検査」(定価・税別1万2,000円)を10%引きの1万800円で提供、国内最大648品種のデータベースから一致した品種を報告する「品種特定検査(イネ葉)」(定価5万円)を1検体なら25%引きの3万7,500円、2検体以上の同時依頼なら1検体40%引きの3万円で提供する。9月末まで。 

〈米麦日報2021年7月5日付〉