(株)ファンケル(島田和幸社長)は1月18日から、定食チェーン「大戸屋」とコラボし、ファンケルの「発芽米 金のいぶき」を含む限定メニューを発売している。

【関連記事】大戸屋初のフードコート「イオンモール高崎店」出店、丼と定食600円~700円台で

独自製法で「ゆっくりと発芽させた」発芽米シリーズのなかでも、金のいぶきは「契約農家の手により厳しい栽培基準のもとで育てられ、もっちりとした食感が特徴」。大戸屋で提供する「金のいぶきご飯」は白米と金のいぶきを2:1でブレンドした。お茶碗1杯(180g)で税込270円、プラス80円で定食のご飯を「金のいぶきご飯」に変更できる。

また、ファンケルの健康食品「ディープチャージ コラーゲン パウダー」を使用した「ぷるつやコラーゲンとたっぷり野菜の麦みそ汁」(300円)や、「1日分のケール青汁」を使用した「ケール青汁の白玉ぜんざい」(390円)も発売中だ。

〈米麦日報2022年1月24日付〉