働き方改革や在宅勤務が進む世の中ではあるが、どうしても夜遅くまで業務が残ってしまうことが多い。そんな時、便利なのがフードデリバリーサービスだ。私がよく利用するのは「出前館」で、スマホのアプリから申し込むと選んだお店から配達してくれる。外食が減った2020年から、勤務先や自宅で利用が増えた。
 
最近では、週1以上のペースで利用している。すると先日、メールで来月からの会員ランクが案内され、3カ月で15回以上の利用があったため会員ランクが「ゴッド」になるという。これは、利用回数で、レギュラー、ブロンズ、シルバー、ゴールド、ゴッドに分けられて、ランクに合わせた特典がもらえるもの。ゴッド会員には、毎月800円のクーポンが付与される(会員ランクの名称、クーポンの内容などは、いずれも2021年7月1日時点のもの)。
 
サービスの利用者を増やすためには、事業のコアの部分を強化することが重要だ。出前館であれば加盟店が4月に7万店を突破するなど、選べる店舗を年々増やすことに取り組んでいる。それに加え、クーポン割引も実施することでリピーターの獲得も進めている。
 
ただ、割引よりも魅力に感じるのは、ゴールドの上の最上級の名称をプラチナでなく、ゴッドにしたことだ。生まれてこの方、誰かから「ゴッド(神)」と呼ばれたことはなく何だか嬉しい。そのため、「ゴッドだから今日も注文するか」と考え、先週は週4で注文してしまった。お金をかけなくても、ちょっとした工夫でファン作りは可能といえそうだ。
 
〈食品産業新聞 2021年7月1日付より〉