大塚製薬は、「Z会監修全国高校対抗超良問ドリル3」を開催する(協賛=セブン-イレブン・ジャパン、監修=Z会)。問題は、スマートフォンの出題サイト内で、標準的な高校1年生までの主要5教科の履修範囲から、Z会の専門スタッフの監修によりランダムに出題。知識だけでなく「考える力」を駆使しなければ正解にたどり着けない「超良問」ばかりという。

最初に5問連続で正解すると、全問正解者としてカウントされ、在籍高校別に集計されて全国高校ランキングとして発表される。なお、5問連続正解者には、「カロリーメイト」(2本入り)の引換クーポンが贈呈される。さらに出題される「超難問」に正解すると、抽選で「選べる“良”賞品」として、カロリーメイト1年分やnanacoギフトカード10,000円分などが合計35名に当たる。

セブン-イレブンの店舗と連動した「Z会監修全国高校対抗超良問ドリル」は、昨年2月と11月に開催し、好評を得ていた。第3回となる今回は、「超難問」への挑戦と豪華賞品のプレゼントが加わり、4月15日~5月31日の期間で実施する。高校生対象だが、大人も出身高校を入力すれば卒業生として参加できる。なお、「超難問」の正解発表は6月5日10時とのこと。

同企画は、大塚製薬、セブン-イレブン・ジャパン、Z会グループが連携・協力し、全国の高校生の向学心・探究心を刺激するべく、スマートフォンを利用した学びの場を提供するもの。今後も、「学び」をキーワードにした協業を推進していくとしている。

◆「Z会監修全国高校対抗超良問ドリル3」=https://choryomon-drill.jp