リボン食品(大阪市淀川区、筏由加子〈いかだ・ゆかこ〉社長)が運営するニューヨーク発の本格ブラウニー専門店「Fat Witch Bakery Japan(ファットウィッチベーカリージャパン)」は、大阪・心斎橋の「Fat Witch Bakery 大阪店」をリニューアルし、2月2日に新装オープンした。

同店は、NY本店、京都店に次いで世界3店目、日本2店目の店として2018年9月にオープン。心斎橋筋商店街横の好立地で、国内外の観光客を中心に多様な客のニーズに応えてきた。今回のリニューアルでは、ブラウニー専門店の原点に立ち戻った品揃え、顧客満足度を高める店内構成にした。また、店名の“Witch(魔女)”のイメージにも合う「黒」を基調とした外装に一新し、街並みでひと際目立つよう工夫した。

1月31日に実施したメディア内覧会で、筏社長は「今回の改装で大阪店の特徴が出た。リピーターを増やしたい」と意気込んだ。新たな品揃えでは、「とくに外国人観光客にとって要冷商品であるのがネックだったが、常温商品の『Omomuki(おもむき)』を用意した。また、日本でも少しずつヴィーガンが浸透しており、乳脂肪不使用でふわっとあっさり仕上げた『ヴィーガンブラウニー』も用意している」などと話した。
リボン食品 筏由加子社長

リボン食品 筏由加子社長

リニューアルした「Fat Witch Bakery 大阪店」の店舗には、気軽に立ち寄れるテイクアウトカウンターの「カジュアル」、店舗中央メインショーケースの「ハイエンド」、奥カウンターの「カスタマイズ」という3つのエリアを設けた。
 
「カジュアル」では、テイクアウト品を販売するほか、事前予約商品も受け取れる。テイクアウト品は、「フレッシュブラウニー(オリジナル、スノー)」(各463円、以下税別価格)、季節限定の「シーズナルブラウニー」(600円~)など。濃厚なチョコドリンクや、オリジナルブレンド・ハンドドリップの「ホットコーヒー」(231円)も揃える。
 
「ハイエンド」、「カスタマイズ」のカウンターには金色をあしらい、アクセサリーを買うときのような高揚感を演出する。ハイエンドでは、客がスムーズに購入できるようにし、試食等にも応える。カスタマイズでは、箱の色やセットの中身をパーソナルオーダーできる「十人十色セット」をじっくり考えられる空間にした。

「Fat Witch Bakery 大阪店」の金色のカウンター

「Fat Witch Bakery 大阪店」の金色のカウンター

主な大阪店限定商品は、
△「Retro」ブラウニー6個入りセット(1,851円)=古き良き大阪をイメージ。クスッとなるネーミングのフレーバーを詰め合わせたセットで、目玉はソース×チョコが意外と合う、青のりをトッピングした「たこ焼きべいべー」。そのほか、ふわっと香るミルクと優しい甘みの「みるくせーきべいべー」、アイスコーヒーならではの風味を楽しめる「冷こーべいべー」などをセットにした。

Fat Witch Bakery 大阪店限定「Retro」ブラウニー6個入りセット

Fat Witch Bakery 大阪店限定「Retro」ブラウニー6個入りセット

△「Omomuki」チョコがけブラウニー2個セット(2,037円)=冬季限定のチョコがけブラウニーが、縦横6.5cmのビッグサイズになって登場。高級感のある木箱入り。「トリプルチョコウィッチ」、イチゴ入りのストロベリーにルビーチョコレートをコーティングした「ルビーチョコウィッチ」をセットにした。20℃以下の常温商品。

Fat Witch Bakery 大阪店限定「Omomuki」チョコがけブラウニー2個セット

Fat Witch Bakery 大阪店限定「Omomuki」チョコがけブラウニー2個セット

〈「Fat Witch Bakery 大阪店」店舗概要〉
・住所=大阪府大阪市中央区心斎橋筋1丁目3-15 心斎橋NSDビル1F
・アクセス=大阪メトロ 御堂筋線・長堀鶴見緑地線「心斎橋駅」5号出口から徒歩1分
・営業時間=10:00~21:00(不定休)
・形態=物品販売、飲食物のテイクアウト専門店(イートイン不可)