農水省食品製造卸売課がこのほど発表した、15年1月の油糧生産実績(後掲資料参照)によれば、可食油生産量は前年比5.5%増の13万8,245tと堅調、可食油出荷量も3.1%増の12万9,563tと増加している。同月からの油価改定に伴い、一定の仮需発生が背景にあるとみられる。(詳細は本紙にて)