日本豆乳協会はこのほど、第2回豆乳レシピ甲子園を開き、審査会を経て、最優秀賞、優秀賞など9作品を決定した。昨年から豆乳レシピコンテストが、高校生の応募増加傾向を受け、主に高校生を対象にした「豆乳レシピ甲子園」に刷新し、2回目の開催となった。

豆乳を使った郷土料理部門、おかず部門、デザート・スイーツ部門で審査され、それぞれに最優秀賞各1人、優秀賞各2人の合計9人が受賞した。東北から沖縄まで全国77校の生徒から約1,700のレシピが集まり、最終審査には料理研究家の今泉久美氏を加え、味や調理のしやすさ、オリジナリティなどの審査基準のもと各賞を決定した。(詳細は本紙にて)