ADEKAは21日、都内で記者会見を開き、農薬の製造販売会社・日本農薬を株式の公開買付け(TOB)により連結子会社化することを発表した。TOBは22日に開始して9月19日に終了し、持ち株比率を現在の24.2%から、51.0%に引き上げる。同月28日には第三者割当増資の払い込みを行い、子会社化を完了する。買付け費用は約200億円を見込んでおり、同社はこれにより、新たな柱としてライフサイエンス事業を拡大させていく。

ADEKAの城詰秀尊社長は、子会社化、「研究開発領域の相互補完による開発スピードの向上、生産技術・プロセス化学の相互活用による生産性の向上、グローバルネットワークの相互活用による販売チャネルの拡大、技術提携による高機能化合物の開発、研究員の交流を実行していく」と話した。

〈大豆油糧日報 2018年8月23日付より〉