〈過去の気象データとPOSデータを解析、数百カテゴリで売上傾向を予測〉
日本気象協会は、小売業向けの商品需要予測サービス「売りドキ!予報」の関東版を4月23日から提供開始した。

「売りドキ!予報」は、日本気象協会が気象条件に伴い予測した商品需要のレベルに基づいて設定した7ランクの指数情報と気象情報、販促カレンダー(MDカレンダー)を搭載したウェブサービス。総菜、青果、精肉、日配など商品を550カテゴリ以上に細かく分けた「スタンダード」(月額7万円)と、約120カテゴリに分けた「ライト」(月額5万円)の 2プランを販売する。今夏には全国版を販売する予定で、19年度内に100店舗、3年後には約1000店舗での導入を目標に、サービスを展開していく。

同サービスは需要予測指数のほかに、日本気象協会ならではの気象情報・体感指数、さらには暦・記念日などのMDカレンダーを搭載しているほか、同協会が自社で保有する過去の気象データとTrue Data(本社:東京都港区)が収集したPOSデータを解析して、[当日]、[週間]の需要予測を7ランク(超売ドキ!・売りドキ!・やや売りドキ!・普通・やや不調・不調・絶不調)の指数で予測する。

気象情報では、当日の天気予報、1週間先の天気予報を需要予測指数と同じ画面で表示できる。気温予測傾向は1カ月先までを確認でき、雨、強風、雪などのお知らせ機能を搭載することで、店舗営業中の急な気象条件の変化にも対応できる。

また、体感指数とは、日本気象協会がSNSデータを解析して独自に作成した指数で、日射量や気温の変化などの要素を加味し、より体感に沿った暑さや寒さを表現する。表示される体感指数は9種類で、猛烈に寒い/非常に寒い/寒い/肌寒い/快適/ふつう/汗ばむ/非常に暑い/猛烈に暑いとなっている。

また、「売りドキ!予報」は発注作業やインストア加工、棚割や販促などの参考情報として活用できる。慢性的な人材不足の中、パソコンやタブレットから同時に複数の従業員が確認でき、経験の浅い従業員も「売りドキ!予報」を確認することで、気温変動による売上傾向をあらかじめ予測することが可能となる。

今後は、ニーズに応じたコンテンツ内容の追加や改善の他、事業者ごとのチラシや特売情報、店舗の立地条件などを考慮したカスタマイズプランの実施も検討していくとしている。

〈大豆油糧日報 2019年4月25日付〉