日清オイリオグループの18年度の国内における加工油脂事業の販売は良好に推移した。マ―ガリンは大手製パン、ショ―トニングはインストアベーカリーや乳業メーカー向けを中心に好調な動きを見せた。

製菓・製パン業界、加工油脂業界が昨夏の猛暑などにより苦戦を強いられた中、同社は最終商品に新たな価値を付加する加工油脂の開発を着実に進めてきたことの効果がでてきているとする。

具体的には、昨秋に発売した焼菓子用マーガリン「シャルニ」シリーズが好調に推移した。時間が経っても焼き菓子の食感を維持する機能が評価された。

「クリスピート」シリーズなど、同社の強みである折り込み用マーガリンも、引き続き堅調に推移した。担当者は、「ユーザーニーズを満たし、設備にも適合する最適なマーガリンの提案を進めている」とする。

同社は、子会社・大東カカオとの取り組みや、横浜磯子事業場の技術開発センターを中心とした製・販・研が一体となった開発体制により、ユーザーの課題解決の質、スピードが高まっているという。加えて、製パン・製菓業界も注目しているオリーブオイルやMCT(中鎖脂肪酸油)、大豆粉など、グループの持つ多種多様な素材を用いた新たな提案も進めている。

またユーザー業界の人手不足を背景に、設備投資による機械化が進む中、油脂においても自動化に対応した開発など、現場のニ―ズに合った提案も重要との見解を示した。

今後の施策については、社会環境の変化がめまぐるしい中、次々に変わっていく消費者ニーズの把握を強化して、そのニーズに合致した最終商品の提案を独自の加工油脂製品を用いて行っていく考えだ。

〈大豆油糧日報 2019年6月12日付〉