カネカは富士フイルムと、新型コロナウイルス感染症(以下、COVID-19)向けの抗インフルエンザウイルス薬「アビガン錠」(一般名=ファビピラビル)の原薬を供給することで合意した。4月16日に発表したもの。

日本政府は、COVID-19への効果が期待される「アビガン錠」の備蓄量を200万人分まで拡大することを決定し、富士フイルムは生産体制を拡充させ、増産を開始した。カネカは長年培った医薬品のプロセス開発力と製造技術、品質が世界各国の大手製薬メーカーから高い評価を受けており、今回、メジャーサプライヤーとして原薬の供給を要請された。

同社は迅速に「アビガン錠」の原薬供給をスタートすることが社会的使命と考え、設備投資、人員配置転換や生産計画調整により製造体制を至急整え、7月より供給を開始するとしている。

なお、同社はグループ会社であるカネカユーロジェンテック社(ベルギー王国リエージュ州)で、COVID-19検査に使用されるPCR検査試薬の供給を既にスタートしており、さらに高品質のメッセンジャーRNA(mRNA)や、プラスミドDNAなどの技術を用いた、COVID-19ワクチン向け受託製造も強化し、旺盛な引き合いに対応している。

〈大豆油糧日報2020年4月21日付〉