大豆油糧日報

バックナンバーの見出し一覧(2018年5月)


2018年5月31日号

  • ・4月大豆輸入量は0.7%減の30.4万t、中国産・カナダ産増-財務省
    ・菜種は12.5%増の21.9万t、大豆かすは40.3%増の15.2万t
    ・かどや製油、濃口600gなど家庭用好調、業務用は値下げ圧力警戒-小澤社長 業務用ごま油は冷凍ギョウザ、炒飯、麻婆豆腐の素などに採用で好調
    ・J-オイルミルズ機構改正(7月1日付)
    ・J-オイルミルズ人事異動(5月30日付、6月25日・29日付、7月1日付)
    ・5月27日現在の米国大豆作付率は77%、平年15P上回る-米農務省 同日現在の米国大豆発芽率は47%で平年比15P上回る、コーン作付率は92%
    ・[相場]東京商取・大連大豆市況、輸入大豆・国内仲間相場、食用油・油粕市況、シカゴ大豆・ウイニペグ=カノーラ
    ・[資料]J-オイルミルズ、7月1日付役員体制

2018年5月30日号

  • ・八馬日油協新会長、5つの「安」を核に業界発展と価値の提供に取り組む 原料供給国との関係を一層強化、共生という考え方を大事に
    ・全味通常総会、地域活動推進と予算削減を両立、効率的なPR活動を展開
    ・修正原案を審議、近く中間とりまとめの提示へ-豆腐公正競争委
    ・日清オイリオ、伊プーリア州単一指定農園の有機オリーブ油を通販限定で発売
    ・ファミリー向け多食用が好調、健康機能性商品は一服感-春の即席みそ汁特集 永谷園、粉末ドライの「あさげ」刷新、アレンジレシピで冷やし提案 マルコメ、多食用好調で業績をけん引、FD・カップも大幅増
    ・納豆「シンバイオティクス」として腸内環境、免疫力向上に期待-納豆サイエンスラボ
    ・[相場]東京商取・大連大豆市況、輸入大豆・国内仲間相場、食用油・油粕市況、シカゴ大豆・ウイニペグ=カノーラ
    ・[資料]18年2月分油糧輸入通関実績③

2018年5月29日号

  • ・[ターミナル]ドラッグストア躍進の背景
    ・ADEKA新中計「ビヨンド 3000」発表、売上高3,000億円、食品860億円を計画 練込・折込油脂、ホイップでシェア拡大図る、中国・東南アジア展開も加速
    ・カネカ新中期計画、食品関連SUでは20年度売上高2,030億円を計画 乳製品事業に参入効果に期待、乳酸菌などサプリメントを強化
    ・全醤工連総会、各種表示問題やHACCP義務化など課題を解決
    ・東京都豆腐組合総代会、理事18人体制にスリム化、運営効率化を図る
    ・父親は子供との食事機会を重視、たまには高カロリー料理を食べたい-楽天調査 楽天市場「父の日」特設ページで「ガッツリメニュー」各種を提案
    ・日清オイリオグループ人事異動(6月1日付)
    ・京都の納豆製造・森口加工食品特別清算開始命令、負債額約5億0,600万円
    ・[相場]東京商取・大連大豆市況、輸入大豆・国内仲間相場、食用油・油粕市況、シカゴ大豆・ウイニペグ=カノーラ
    ・為替・シカゴ大豆・東穀一般大豆相場(5月21日~5月25日)
    ・[資料]17年度配合・混合飼料の生産・在庫、原料使用量-農水省
    ・18年2月分油糧輸入通関実績②

2018年5月28日号

  • ・トランス脂肪酸をテーマに報道関係者と意見交換会開く-食品安全委 米FDAの部分水素添加油脂規制強化を控え、脂質吸収の仕組みなど解説 WHO基準下回る状況は変わらないとの認識、各国の動きを静観-山添委員
    ・室岡理事長ら再任、力を合わせて業界のため活躍を-東京大豆卸総会 分別流通大豆の表示方法などを検討、豆腐パックの共同購入など注力
    ・米国の広範囲で雷雨、南東部などで土壌水分不足が改善-米農務省
    ・インタビュー・平田都芳ゲンキー執行役員-ドラックストア特集④ ドラッグ初の生鮮全店導入、顧客の買い物時間節約 ローコストオペレーション確立、業界一少ない人員で店舗運営
    ・約9割が外食で食べきれなかった料理の持ち帰りに「賛成」-ホットペッパー
    ・[相場]東京商取・大連大豆市況、輸入大豆・国内仲間相場、食用油・油粕市況、シカゴ大豆・ウイニペグ=カノーラ
    ・[資料]18年2月分油糧輸入通関実績①

2018年5月25日号

  • ・日本油脂検査協会、新評議員会議長に八馬J-オイルミルズ社長を選任 客観性・独立性・透明性を担保できる協会が業界発展に貢献-八馬新議長
    ・全油販連と連携して勉強会、スキル向上でチャンスつかむ―愛知県油脂卸総会
    ・理研農産化工決算は営業損失強いられる、コスト上昇の製品転嫁追い付かず
    ・油糧協17年度事業報告、GMO表示やパーム油調達基準など精力的に対応
    ・マルコメ、甘酒使った糀ラテと抹茶ラテを全国のコンビニ限定で5月末から発売
    ・18年3月配・混飼料生産量209.8万t、大豆かす配合率12.3%-農水省
    ・ANA国際線ビジネスクラスで「とうふ屋うかい」監修メニューを6月から提供
    ・「セブンプレミアム 手羽中から揚げ」を新発売、男性向けの手軽なおつまみに
    ・[相場]東京商取・大連大豆市況、輸入大豆・国内仲間相場、食用油・油粕市況、シカゴ大豆・ウイニペグ=カノーラ
    ・[資料]18年3月配合・混合飼料の原料使用状況-農水省

2018年5月24日号

  • ・日油協総会、八馬史尚J-オイルミルズ社長を新会長に選出 副会長には久野日清オイリオグループ社長、新妻昭和産業社長 製油業界全体の生産性と付加価値の向上に努力-八馬新会長
    ・インタビュー・水野秀晴ウエルシアHD社長に聞く-ドラックストア特集③ 健康を支える店舗目指す、調剤併設・24時間営業拡大 健康テーマ商品をメーカーと共同開発、低糖質パンなどで分かりやすい売場作り
    ・横浜DeNAホームゲーム、6月9日は「日清オイリオ『MCT』チャージ・デー」 始球式投球権付き観戦チケットなどが当たるツイート応援キャンペーンも実施
    ・イトーヨーカドーが揚げ物をリニューアル、から揚げの揚げ油を低吸油タイプに
    ・血圧が高めの人に、ギャバ配合の機能性表示即席みそ汁発売-永谷園
    ・「お豆腐×お野菜でつくる 美人薬膳ごはん」出版-キラジェンヌ
    ・[相場]東京商取・大連大豆市況、輸入大豆・国内仲間相場、食用油・油粕市況、シカゴ大豆・ウイニペグ=カノーラ
    ・[資料]18年4月即席みそ汁POS売れ筋ランキング

2018年5月23日号

  • ・日清オイリオ18年度方針、高付加価値型商品の拡販などで過去最高益見込む「油脂、油糧および加工食品」セグメントの収益回復がポイントに-久野社長
    ・糖尿病予防効果などで需要獲得図る、新機能発見にも取り組む-凍豆腐3団体総会 インターバル速歩と凍り豆腐の併用効果を報告、高血圧・高血糖改善効果など
    ・かどや製油役員人事異動(6月26日付)
    ・昭和産業中元ギフト、オリーブ油セットや「プレミアオイルセット」など展開
    ・5月21日現在の米国大豆作付率56%と平年上回る、発芽率は26%-米農務省
    ・岩手県の大豆加工業エス・エス・フーズが特別清算、関係会社合わせ負債20.7億円
    ・[相場]東京商取・大連大豆市況、輸入大豆・国内仲間相場、食用油・油粕市況、シカゴ大豆・ウイニペグ=カノーラ
    ・[資料]18年4月マーガリンPOS売れ筋ランキング

2018年5月22日号

  • ・[ターミナル]長期的なトレンドは美と健康
    ・Jオイルミルズ、油脂、油脂加工品、食品・ファインの3事業部制に再編へ 各事業で高付加価値領域を伸ばす、意思決定の迅速化を図る-八馬社長
    ・鮮度みそ・業務用みその販売拡大、海外市場の拡大も-マルサンアイ決算会見 鳥取新工場第2期工事を来年4月に完成予定、豆乳生産を2ライン体制に
    ・4月大豆輸入は0.7%減30.4万t、米国大豆は2.0%減の26.9万t-貿易速報
    ・Non-GMO表示厳格化への対応、輸入大豆の動向など報告-関東大豆卸
    ・日清オイリオ、横花磯子事業場で化粧品原料・MCTの生産能力を1.5倍に増強
    ・4月植物油JAS格付2.4%増の11.7万t、業務用・加工用が増加-油脂検査協
    ・旭松食品決算は減収減益、健康志向商品で価値訴求も加工食品売上2ケタ減
    ・[相場]東京商取・大連大豆市況、輸入大豆・国内仲間相場、食用油・油粕市況、シカゴ大豆・ウイニペグ=カノーラ
    ・為替・シカゴ大豆・東穀一般大豆相場(5月14日~5月18日)
    ・18年4月豆腐POS売れ筋ランキング
    ・18年4月納豆POS売れ筋ランキング
    ・18年4月豆乳POS売れ筋ランキング

2018年5月21日号

  • ・国際食品素材・添加物展、キッコーマン、ミヨシ油脂などが出展 かるしおレシピ本が38万部記録、トレンドワードかるしおの認知向上を訴求
    ・マーガリン工業会総会、副会長に小林日油社長を選任、委員長職も決める トランス脂肪酸の含有量低減に努める、家庭用の需要回復も進める-郡会長
    ・木村会長など全役員を再任、油の価値を高める-関油連
    ・食品の販売構成比30%超え、医薬品や化粧品を抜く-ドラックストア特集② ドラックストアこそ、食を提案していくべきカテゴリー
    ・ヤマキ醸造、宗家監修の和食のための調味料「皇帝の宴」6月発売
    ・[相場]東京商取・大連大豆市況、輸入大豆・国内仲間相場、食用油・油粕市況、シカゴ大豆・ウイニペグ=カノーラ
    ・[資料]18年4月しょうゆPOS売れ筋ランキング

2018年5月18日号

  • ・味の素・日清オイリオ・ミツカンなど6社、九州での共同配送を19年1月開始
    ・日清オイリオ中元ギフト、人気のオリーブ油ギフトなど50アイテムを品ぞろえ
    ・食品の存在感が増す、「食と健康」の市場創造-ドラックストア特集 地方の食を支えるインフラ、高齢化・人口減の中で社会的要請に応えられるか
    ・マルコメ、6作目となるアニメ「料亭の味」テレビCMを全国放映
    ・ライフ東府中店開店、品質と値頃感を重視、地元・登喜和納豆を品ぞろえ グルテンフリー・糖質オフでコーナー化、液状タイプみその品ぞろえ充実
    ・6月6日期間限定でケロッグとコラボした新商品発売-KKDJ
    ・[相場]東京商取・大連大豆市況、輸入大豆・国内仲間相場、食用油・油粕市況、シカゴ大豆・ウイニペグ=カノーラ
    ・[資料]18年4月みそPOS売れ筋ランキング

2018年5月17日号

  • ・28年度有機大豆JAS格付実績、国内格付・外国格付ともに減少-農水省
    ・「大豆ファースト」メニュー、都内企業の社員食堂に初導入-フジッコ 糖尿病対策をテーマの一つに、取り組み通じて血糖値への意識を
    ・4月の為替は米金利上昇などで円続落、シカゴ大豆は材料難の中$10台で小動き 5月の為替はドル買い進み110円台、シカゴ大豆はレンジ相場の継続を予想
    ・「全国豆腐品評会」関東地区大会の出品受付中-全豆連・関豆ブロック協
    ・フジッコ決算は売上・利益とも過去最高、豆製品は蒸し豆好調で2.6%増加
    ・やまみ第3四半期決算は増収増益、生産体制強化で高まる需要に対応
    ・「ダイズラボ 大豆粉と米粉の食パンミックス」が特許取得-マルコメ
    ・「豆乳飲んで福来たる!!」キャンペーン、新鮮野菜・果実が当たる-ふくれん
    ・[相場]東京商取・大連大豆市況、輸入大豆・国内仲間相場、食用油・油粕市況、シカゴ大豆・ウイニペグ=カノーラ
    ・[資料]平成28年度有機農産物・加工食品のJAS格付実績-農水省

2018年5月16日号

  • ・18/19年度世界大豆生産予測は5%増の3億5,454万t、南米で増産-米農務省
    ・18/19年世界大豆需給予測、期末在庫は8,670万tを見込む-米農務省
    ・川村明治社長がHD社長に、明治新社長には松田専務が昇格
    ・明治決算、加工食品事業でバター・マーガリンは売上伸長
    ・「塩こうじな~らハナマルキ(音)」の音商標登録が認可-ハナマルキ
    ・5月13日現在の米国大豆作付率35%と平年上回る、発芽率は10%-米農務省
    ・マルコメ「糀甘酒」使用のフルーツシェイクを横浜で期間限定発売
    ・かどや製油決算、ごま油の用途訴求で市場拡大に寄与、食品ごまも好調
    ・[相場]東京商取・大連大豆市況、輸入大豆・国内仲間相場、食用油・油粕市況、シカゴ大豆・ウイニペグ=カノーラ
    ・[資料]18年4月食用油POS売れ筋ランキング

2018年5月15日号

  • ・[ターミナル]「非日常」を家庭にもたらす作り置き総菜
    ・今こそ広報事業に注力すべき、納豆の位置付けを強固に-納豆連総会
    ・昭和産業が「消費者志向自主宣言」発表、お客様の声を生かした経営を深化
    ・Jオイルミルズ、「AJINOMOTOオリーブオイル」品ぞろえ拡充-春の食用油特集⑤「えごまブレンド油」新発売、香ばしく加熱に強いコーン油をブレンド
    ・ごまの香りと味わい生かす生食用途で訴求、「胡麻油一番搾り」発売-竹本油脂
    ・プレミアムオイル「こめ胚芽油」シリーズを拡充-築野食品工業
    ・ボーソー油脂決算は減収欠損、菜種搾油停止など業務改革の影響で収益厳しく
    ・カネカ決算、食品関連・NSユニットは大幅増益、新規素材販売が拡大
    ・[相場]東京商取・大連大豆市況、輸入大豆・国内仲間相場、食用油・油粕市況、シカゴ大豆・ウイニペグ=カノーラ
    ・為替・シカゴ大豆・東穀一般大豆相場(5月7日~5月11日)
    ・[資料]18年1月分油糧輸入通関実績⑦⑧
    ・18年3月労働力調査-総務省

2018年5月14日号

  • ・18/19年度米国大豆需給予測、生産高42.8億busと17年産を下回る見通し 期末在庫は4億1,500万busと予測、輸出の大幅増を見込む-米農務省
    ・18/19年度米コーン生産高4%減を予測、小麦生産は5%増を見込む-米農務省
    ・家庭用こめ油消費好調、17年度米ぬか処理も1%増に-日本こめ油組合総会
    ・Jオイルミルズ決算は油脂コスト上昇で増収減益、高付加価値品の販売は拡大
    ・昭和産業決算、油脂食品事業は増収減益、家庭用オリーブ油が大きく伸長
    ・コーンスターチ・糖化製品をキロ5円値上げ、6月20日納品分から-昭和産業
    ・昭和産業人事異動(6月1日付)
    ・日清オイリオ・東京農工大が産学共同研究講座を開設、MCTの機能など解明へ
    ・3月みそ生産量5.5%減・出荷量3.8%減、長野が生産・出荷共に減少-全味
    ・食品素材・添加物展に出展、粉末油脂の機能性を紹介-ミヨシ油脂
    ・米プレーンズから中西部で暴風雨、北部では暖かい天候となり作付進む-米農務省
    ・[相場]東京商取・大連大豆市況、輸入大豆・国内仲間相場、食用油・油粕市況、シカゴ大豆・ウイニペグ=カノーラ
    ・[資料]18年1月分油糧輸入通関実績⑥

2018年5月11日号

  • ・不二製油G17年度決算、生産力を踏まえた収益重視の市場選定と価格政策が寄与 チョコレート事業の収益向上、PBFSに特化した製品投入に重点-清水社長
    ・植物蛋白食品協会総会、新会長に久野日清オイリオG社長を選出 市場性ある製品開発による持続的な業界発展を-久野新会長
    ・ADEKA決算、食品事業は増収減益、原料価格上昇の影響大きく
    ・ADEKA新社長に城詰取締役が昇格、郡社長は会長に
    ・雪印メグミルク3月期決算は増収増益、油脂は市場低迷続く
    ・3月植たん輸入は90%未満が756t、90%以上は2,313t-財務省
    ・ADEKA役員人事異動(6月22日付)
    ・毎朝の豆乳摂取で肌状態の改善を示唆、栄養バランスが改善-モニター調査
    ・[相場]東京商取・大連大豆市況、輸入大豆・国内仲間相場、食用油・油粕市況、シカゴ大豆・ウイニペグ=カノーラ
    ・[資料]18年1月分油糧輸入通関実績⑤

2018年5月10日号

  • ・菜種油、オリーブ油、パーム精製油、米油など増加-3月植物油輸入
    ・日清オイリオG、鮮度ボトルをより使いやすく刷新-春の食用油特集④ 風味が人気「マカダミアナッツオイル」を発売、「かけるオイル」品ぞろえ強化
    ・日清オイリオ決算は増収減益、加工油脂は増収増益、国内・海外共に堅調
    ・日油決算は増収増益、食用加工油脂は増収・機能性油脂が堅調 新社長に宮道取締役兼常務が昇格、小林社長は会長、大池会長は相談役に
    ・ハナマルキ「液体塩こうじ」、「Snap Dish AI料理カメラ」とコラボ
    ・ひかり味噌、円熟こうじみそ発売25周年機にパッケージリニューアル
    ・「糀甘酒」でキャンペーン、「発酵の日」プロ野球チケットが当たる-マルコメ
    ・[相場]東京商取・大連大豆市況、輸入大豆・国内仲間相場、食用油・油粕市況、シカゴ大豆・ウイニペグ=カノーラ
    ・18年1月分油糧輸入通関実績④

2018年5月9日号

  • ・食用油支出減、みそは数量・支出ともに2ケタ減-3月家計調査 豆腐は数量8.3%増も価格が下落、納豆支出は3.2%増と好調
    ・日清オイリオ新CM、二宮和也さん起用「揚げたては、無敵だ。」編を放送開始 揚げ物調理の楽しさを伝えたい、おいしい映像・音の表現を目指す-久野社長
    ・ミヨシ油脂第1四半期は原料高騰で大幅減益、主力商品拡販・価格改定至らず
    ・不二製油グループ本社3月期決算は増収増益、油脂部門と製菓・製パン部門が伸長
    ・「トクホ意識して選ぶ」は約3割、効用感じないとの声が4割に-ネット調査
    ・5月6日現在の米国大豆作付率は15%で平年上回る、コーン作付39%-米農務省
    ・[相場]東京商取・大連大豆市況、輸入大豆・国内仲間相場、食用油・油粕市況、シカゴ大豆・ウイニペグ=カノーラ
    ・18年1月分油糧輸入通関実績③

2018年5月8日号

  • ・[ターミナル]植物性たん白ニーズ背景に大豆が主役へ
    ・山口龍也・昭和産業常務執行役員に聞く-春の食用油特集③ 炊飯油や業務用天ぷら粉などで成果、大豆たん白販売も大きく伸長 価格改定に継続して取り組む、課題解決型営業で好調商品の販売強化
    ・3月可食油生産は0.3%減の14.8万t、出荷量は6.8%減に-農水省 大豆処理6.8%増と堅調、菜種処理4.1%減・菜種油出荷は8.0%減と調整続く
    ・29年産大豆・3月末日現在検査数量、6.9%増の23.1万t-農水省
    ・18年産カナダ大豆作付11.4%減・菜種作付7.0%減と共に減少見通し-統計局調査
    ・3月食用加工油脂生産は前年並み、家庭用は1.3%増、業務用は1.5%減
    ・「梅しそ巻とヒレ膳」など夏季限定メニュー3品を発売中-とんかつ濱かつ
    ・家計意識調査、納豆や業務用ビール、牛丼の4月値上げの認知度は4割に
    ・[相場]東京商取・大連大豆市況、輸入大豆・国内仲間相場、食用油・油粕市況、シカゴ大豆・ウイニペグ=カノーラ
    ・為替・シカゴ大豆・東穀一般大豆相場(4月30日~5月4日)
    ・18年3月油糧生産実績-農水省
    ・平成29年産大豆の検査結果(3月末現在)-農水省

2018年5月7日号

  • ・キッコーマン決算は売上・利益とも過去最高、海外好調・国内も豆乳など寄与 鮮度容器しょうゆはシェア50%可能、豆乳も年産50万tを視野に-堀切社長
    ・4月国産入札、九州フクユタカ9,000円前後、東北8,000円割れで落札-特農協
    ・久高沖縄豆腐組合理事長、宮崎長崎醤油味噌組合理事長が旭双-農水省春の叙勲
    ・公定法の開発着手に言及、改定時期など依然未定―GMO表示・大阪会場説明会
    ・ウェブCMで野菜のおいしさを生かすオリーブ油の特長を訴求-Jオイルミルズ
    ・東田久在屋社長、手揚げや在来大豆へのこだわりを語る-ソイメックス③ おとうふ工房いしかわ・石川社長、女性目線の豆腐業経営をテーマに講演
    ・マルサンアイ第2四半期は増収減益、みそ売上6.2%伸長、豆乳10.3%増
    ・4月29日現在の米国大豆作付率は5%で平年並み-米農務省
    ・牛窓オリーブ園にカフェ開店、瀬戸内海でこだわりの一杯を堪能-日本オリーブ
    ・[相場]東京商取・大連大豆市況、輸入大豆・国内仲間相場、食用油・油粕市況、シカゴ大豆・ウイニペグ=カノーラ
    ・為替・シカゴ大豆・東穀一般大豆相場(4月23日~4月27日)
    ・[資料]18年4月の大豆入札取引の結果-日本特産農産物協会
    ・18年1月分油糧輸入通関実績①②

2018年5月1日号

  • ・岡雅彦・日清オイリオグループ常務執行役員に聞く-春の食用油特集② 構造的変化を感じた下期、「吸油が少ないフライオイル」などで成果 新業務用オリーブ油ブランド立ち上げ、潜在的需要を開拓
    ・キッコーマン、2030年に向けて長期ビジョン策定、「No.1バリュー」提供を核に
    ・キッコーマン決算は増収増益、国内では豆乳、つゆ・たれ類など伸ばす
    ・30年産播種前入札は平均8,254円、佐賀フクユタカなど中心に手当
    ・J-オイルミルズが売上・利益予想を下方修正、当期利益は上方修正
    ・「ネオソフト」などで部分水添油不使用表示、5月中旬から順次-雪印メグミルク
    ・3月しょうゆ輸出量1%減、みそ輸出量16%増-財務省
    ・ハイプレーンズ南部で小雨、五大湖周辺では歴史的な降雪-米農務省
    ・18年度大豆・油脂業界団体通常総会日程
    ・[相場]東京商取・大連大豆市況、輸入大豆・国内仲間相場、食用油・油粕市況、シカゴ大豆・ウイニペグ=カノーラ
    ・平成30年産大豆の播種前入札取引の結果-日本特産農産物協会

各出版物のご案内へ

食品産業新聞社

〒110-0015 
東京都台東区東上野2-1-11 サンフィールドビル8階

TEL:03-6231-6091(代表) FAX:03-5830-1570

ページ
上部へ
ページ
下部へ

Copyright c Shokuhin Sangyo Shimbunsha Co., Ltd All rights reserved.