サイト内検索

給食雑誌 月刊 メニューアイディア

バックナンバーの見出し一覧(2018年)


メニューアイディア増刊号2019『アスリートとスポーツ愛好家のためのレシピ』

  • メニューアイディア増刊号2018
  • 全国のアスリートとそのご家族、食事提供サービス事業者に贈る(一社)日本スポーツ栄養協会協力 『アスリートとスポーツ愛好家のためのレシピ』

    日本で唯一の給食総合誌『月刊メニューアイディア』が毎年1回お贈りする増刊号が発刊しました。メイン企画は、(一社)日本スポーツ栄養協会の会員である22名の公認スポーツ栄養士が作成した100ページに及ぶオリジナルレシピ集です。アスリートが置かれた状況に応じてレシピを使い分けられるよう、5つのカテゴリ(通常練習期・試合期・増量期・減量期・補食)に分けて実用化するとともに、各カテゴリの前文ではそれぞれの時期に必要な食事や工夫点、レシピのポイントなどをまとめています。また、協会設立セミナーや2020年に向けた全国各地のムーブメント、スポーツ栄養に特化した商品紹介など、雑誌後半にはスポーツ栄養に関する各種情報を掲載しております。協会レシピと併せ、お楽しみください。

    【主な内容】
    〈特集1 2020年に向けた全国各地のムーブメント〉

    ・内閣官房東京オリンピック・パラリンピック推進本部事務局に聞く
    ・東京2020ゴールドパートナー明治、全国各地で「meiji Tokyo 2020 Fes」開催

    〈特集2 メーカーが提案するアスリートや運動好きな方々への食品・メニュー提案〉
    ・筋肉(マッスル)の運動に着目したアスリート向け食品マッスル麺 ミックス粉(MS02) 吉原食糧
    ・SEE THE SUN の「ZEN MEAT」が話題沸騰! 高タンパクで低脂質!減量に取り組むアスリートに最適!!
    ・積極的な身体づくりを応援する冷凍惣菜セット ニチレイフーズの「気くばり御膳 パワーデリ」
    ・甘酸っぱいわやかな香り 赤しそドリンク「YUKARI」は運動好きな方々にもピッタリ! 三島食品
    ・外食・中食・給食に健康で美味しさをお届け 誰でも楽しく喫食できる各分野の新商品紹介 日東ベスト
    ・運動する身体にもフィット「からだにやさしいシリーズ」は健康に配慮した冷凍ゆで麺 シマダヤから2品のご紹介
    ・心と体を整える味噌は、日本が誇るアスリートフード!食育指導部・みそソムリエ 小山明子 みそ健康づくり委員会
    ・HPの大リニューアル作戦を実施! 学校栄養職員・栄養教諭にお役立ちできる情報満載で全会員にもメリットある会へ発展 学校給食用食品メーカー協会
    ・ 文科大臣と農水大臣との対談で食品流通の問題点を共有(一社)日本給食品連合会

    〈特集3 スポーツ栄養に関心の高い企業の取組みと関連業界団体の動き〉
    ・メリックス 大髙絵梨社長 インタビュー 合言葉は“ 心と体の栄養補給"
    ・LEOC 公認スポーツ栄養士 石田美奈津さんインタビュー 食環境の整備と栄養教育の両輪でチームと選手をサポート
    ・(公社)日本給食サービス協会 公益社団法人としての各種事業に取り組み着実に前進していく
    ・(公社)集団給食協会 会員企業シダックスフードサービスとLEOCによるスポーツ栄養の様々な取組み

    〈特集4 関連する食事提供者におすすめの厨房機器〉
    ・温度の自動記録と一元管理でHACCP 対応 総合厨房管理システム「HASAWAY(ハサウェイ)」タニコー
    ・ニチワ電機のスチコンなら運動好きな方々にもフィットするやさしく美味しいメニューを提供
    ・桐山工業の「ガス式間接 ほっとけとーる」と「煮炊釜 KGCシリーズ」 堂々登場
    ・旭化成ホームプロダクツによるグリスト清掃最前線 特別レポート「くさい」「汚い」「きつい」グリスト清掃の悩みを解決!

2018年11月号

  • 紙面サンプル
  • ・学校給食、病院・介護食の専門展 フードシステムソリューション2018 注目の展示概要・(一社)日本スポーツ栄養協会、発足 管理栄養士によるスポーツ現場への栄養サポートに意欲

    〈大京食品㈱特集〉
    ・窪田洋司社長・窪田洋一郎室長 インタビュー 100億円の壁を破った経緯、その必然性と今後について大いに語る 力を結集し、お客様に満足される付加価値づくりの底上げを!
    ・「大翔会」 100億円突破も物流費アップ等で増収微減益に 窪田洋一郎氏が取締役社長室長として経営に参画、今期105億円・利益1億円目指す

    〈トップインタビュー〉
    ・㈱シュガーレディ―本社 代表取締役社長 佐藤健氏 感謝の心で次々に事業展開して拡販目指す

    〈防災・災害訓練特集〉
    ・第12回オフィス防災EXPO 50年保存可能な飲料水も登場 廃棄問題で長期保存の災害食に注目!
    ・日清医療食品㈱ 災害拠点病院の新潟・魚沼基幹病院と災害訓練 新潟地震を想定、ヘリコプターを使用し空路も活用
    ・日清医療食品㈱、47都道府県の献血会場で支援つきノベルティー配布 献血でも災害支援!

    〈業務用冷凍食品特集〉
    ・人手不足とコスト上昇が課題に 簡便かつ安価で高付加価値という難題に挑む
    ・冷凍食品メーカーによる新商品動向と戦略

    〈学校給食のページ〉
    ・日本最大級のアレルギー関連展示会 「みんなのアレルギーEXPO」開催 児童・生徒、家族が同じものを食べられる環境を目指して
    ・平成31年度「学流協の推奨品」新規10品・更新42品、合計52品決定 古川会長「食育の生きた教材として学校給食の充実を図る」
    ・日給連60周年記念事業の取り組み第1弾 《林芳正文部科学大臣との対談》生産・加工・流通現場を知る機会を増やし、関東圏という括りで地産地消に取り組む 食材高騰の中での食育推進には学校給食の国庫負担も必要
    ・「学校パン給食推進協議会」設立 「子どもたちにより美味しいパンを」
    ・全国学校給食甲子園の決勝大会出場校・施設12代表が決定

    ・ケンコーマヨネーズ㈱、中食市場に合わせ健康・インバウンド・簡便をトレンドに展示会開催
    ・㈱シルバーライフ、高齢者配食FC・施設・冷凍弁当いずれも大幅伸長
    ・厚生労働省17年国民健康・栄養調査 食塩摂取は減少も野菜摂取横ばい
    ・㈱ピアット、前期売上1.8%増45.3億円から今期は48億円を目標に
    ・人手不足とコスト上昇が課題に 簡便かつ安価で高付加価値という難題に挑む
    ・カリフォルニア・レーズン協会、新年度の対日マーケティング活動を発表
    ・冷凍食品メーカーによる新商品動向と戦略
    ・スターバックスコーヒー ジャパンの人材戦略 働きたい職場として従業員を魅了 元従業員の再雇用が拡大中

    〈ニュースアラカルト〉
    ・外国人労働者の受け入れ拡大、食品製造業も要請=冷食協伊藤会長
    ・㈱タニコーテック、九州福岡工場に新棟建設
    ・NSD、特別用途食品制度・新カテゴリの要望を消費者庁に提出

    〈連載企画〉
    ・北原グループによるエッセイ「食べ物の常識?非常識?・・・?」
    ・北原グループによる秋「実りの秋が実感できる」レシピ
    ・コラム「記者の目」
    ・食材市況(畜産・水産・野菜)

2018年10月号

  • 紙面サンプル
  • 〈治療食等献立・調理技術コンテスト特集〉
    ・メディカル給食の甲子園! 第13回治療食等献立・調理技術コンテスト開幕 ニッコクトラストが厚生労働大臣賞、LEOC、富士産業、ニチダンが医政局長賞
    ・出場チームの献立に込めた創意工夫

    〈高齢者食特集〉
    ・「在宅介護」推進でニーズ高まる在宅 人手不足から病院・施設向けも拡大
    ・冷食協「介護・医療施設における冷凍食品利用実態調査」報告書発表 回答事業者すべてで冷食取扱いも、冷凍介護食品取扱いは5~6割
    ・各社方針(キユーピー、ヤヨイサンフーズ、日清オイリオグループ、イーエヌ大塚製薬)

    〈人手不足と外国人技能実習制度 特集〉
    ・人手不足で高まる、外国人技能実習制度の利用拡大 自民党食料産業調査会、外国人材の活用事例を業界団体からヒヤリング 「新たな外国人材の受け入れ制度」への要望も
    ・厚生労働省 「帰国技能実習生フォローアップ調査」結果を公表

    ・17年度の給食市場規模は前年度比1.6%増の、4兆7,219億円に ~高齢者向け給食と事業所向け給食が市場を牽引~
    ・日清医療食品『第15回全国料理コンテスト』「だし」と「スープ」をポイントに、美味しい食事で喜びと感動を提案!
    ・醸造機械メーカー フジワラテクノアート、本社の社員食堂をリニューアル 仕事の成果を“実感”できる和の空間へ 「健康経営」を積極的に推進
    ・ローソン「まちかど厨房」6000店舗へ 店内調理にこだわり 「手作り感」「出来立て感」に評価、固定客獲得
    ・学校関係者39名が学流協推奨品を審査 学校給食物資開発流通研究協会 美味しさ、調理時間の短縮、手間削減、トータルコスト削減などを賞賛

    〈ニュースアラカルト〉
    ・厨房で作る『手作りソーセージセミナー』開催
    ・ジーケーエス、竹尾専務が代取新社長就任、星屋社長は取締役副会長に
    ・シュガーレディグループ、紺綬褒章を受章
    ・テスティパル、女性活躍推進法に基づく「えるぼし」の最高段階の認定を取得
    ・エームサービス、スマホ向け食事管理アプリ開発、三井物産社員食堂で実証実験
    ・「スマートミール」第一回認証企業決定 給食の認証社は16社
    ・山田英男常務が取締役副社長に就任 日清医療食品㈱

    〈連載企画〉
    ・北原グループによるエッセイ「食べ物の常識?非常識?・・・?」
    ・北原グループによる秋「普通・・・の?秋の味覚がある風景」のレシピ
    ・コラム「記者の目」
    ・食材市況(畜産・水産・野菜)

2018年9月号

  • 紙面サンプル
  • 〈大光「エムオー会」特集〉
    ・前期実績は売上・利益ともに過去最高を更新、今期は更なる成長を見据え積極的な先行投資を実施

    〈高齢者配食サービスと重症化予防特集〉
    ・日本栄養支援配食事業協議会(NSD) 第1回運営委員会を開催 黒田会長「情報共有でビジネスにプラスに」
    ・(一社)日本慢性疾患重症化予防学会の松本専務理事インタビュー 高齢化の進展と糖尿病有症者数の増加で注目を集める“重症化予防” 需要高まる“減塩”商品

    〈外食・中食特集〉
    ・成長の源泉は“人財” 外食各社が人財への投資を活発化 育成強化や定着率向上を目指す(ハブ、すかいらーくホールディングス、日本マクドナルド、ロイヤルホールディングス、物語コーポレーション、ゴリップ)
    ・ (一社)日本フードサービス協会、2017年の外食産業市場規模推計を発表 市場規模は0.8%増の25兆6,561億円
    ・集団給食は3兆3,822億円で、事業所給食と保育所給食が伸びる
    ・外食市場の動向 焼肉など好調で3年連続拡大、人手不足、異業種との競争激化課題
    ・高岡慎一郎 JF会長「人手不足を解消し魅力ある産業へ 産学連携事業も」
    ・中食市場の動向 8年連続増で初の10兆円越え、CVSは10年間で1.5倍越え

    ・集団給食協会、「夏休みこどもチャレンジ!『手作りでオリジナル焼きドーナツをつくろう』こども料理教室を開催
    ・第1回福利厚生EXPO エームサービス㈱ブースで開催! 髙山源一氏セミナー「これからの社員食堂は、こうなる!?」
    ・18年上半期の凍菜輸入量51万t、過去最高を更新 野菜高騰で冷凍品需要が拡大
    ・業務用冷凍食品メーカー各社の方針と秋冬新商品 人手不足で時短・簡便ニーズ高まる
    ・冷食3.1%増421億円が貢献し前期売上高は1.7%増522億円に 日東ベスト㈱

    〈ニュースアラカルト〉
    ・日本栄養士会、メディアセミナー開催  低栄養と過剰栄養の「2重負荷」
    ・文科省調査、給食無償化の自治体は4.7%・82市町村  人口が少ないほど積極的に導入
    ・KOMPEITO、冷凍置き惣菜「オフィスでごはん」提供開始

    〈連載企画〉
    ・北原グループによるエッセイ「食べ物の常識?非常識?・・・?」
    ・北原グループによる秋「高齢者が心地よく思う味がある風景」のレシピ
    ・コラム「記者の目」
    ・食材市況(畜産・水産・野菜)

2018年8月号

  • 紙面サンプル
  • 〈ヘルシーランチ特集〉
    ・働く人の昼食事情と、健康な食事提供に取り組む団体・企業のさまざまな動き
    ・第1回 福利厚生EXPO エームサービス、レパスト、サントリー、おかん、ライザップなどが出展!

    〈ファンズエーピー大特集〉
    ・給食企業による食材共同購買機構「ファンズエーピー㈱」、第13回会員総会を開催 共同購買取扱い額は4.2%増57億円2,392万円! 今期は全会員76社による購買量増大と取引先の価格や商品開発の協力を通じ60億円を目指す
    ・取扱商品の現状報告と食材の状況について
    ・取引先メーカーご挨拶
    ・消化吸収がよくて、エネルギーになりやすい!日清MCT オイル&パウダーをご紹介

    〈冷凍野菜特集〉
    ・2017冷凍野菜供給量、輸入数量100万t時代に 生鮮高騰が追い風に
    ・ニチレイフーズ、「そのまま使える」冷凍野菜シリーズから3品、「メディベジ」シリーズから2品を新発売
    ・[インタビュー 平林産業㈱]冷凍キノコ 独自技術で製造 「えのき氷」など調理品にも対応

    ・過度な糖質制限の落とし穴!?日本人は『炭水化物=糖質』と誤解 注目のトレンド!『炭水化物の正しい理解と選び方について』 スーパー大麦素材事務局
    ・17年度冷食メーカー売上ランキング ニチレイが盤石の1位、マルハニチロ・日水は僅差、ノースイ10位集団うかがう、キンレイが躍進
    ・業務用加工冷凍食品メーカーの新商品を一部紹介! 付加価値の高い商品と人手不足に対応した時短商品がオンパレード
    ・日清医療食品、和洋女子大学の学内実習に“モバイルプラス"を提供 学生はクックチル商品の有効活用と現場の省力化を体験
    ・お弁当のおかずで冷食利用7割 1食あたり平均金額256.5円 マルハニチロ調べ
    ・秋冬新商品は従来の作業性・簡便性、多様化するメニュー作りの対応、サラダ料理の拡大に加え、5感で感じる美味しさ・楽しさを演出 ケンコーマヨネーズ㈱
    ・タニタ「働く男女のお昼ごはんに関する調査2018」発表 全国のビジネスパーソン1000名に聞いたランチメニューのトレンド
    ・「働き方改革」テーマに夏季研修会開催 最終選定品会議も (一社)日本給食品連合会
    ・西日本豪雨の被害状況と国・企業の対応
    ・お弁当産業に朗報! すべての煩雑な課題はIT化で乗り切れる 忘れがちな配達業務の安全確保にもしっかりと取り組む ㈱エコー・システム

    〈ニュースアラカルト〉
    ・人手不足には共同配送など環境改善と他団体との共催も必要/首都圏業務用食品卸協
    ・10月開始、人手不足対応「次世代大阪王将」モデルでの出店/イートアンド㈱

    〈連載企画〉
    ・北原グループによるエッセイ「食べ物の常識?非常識?・・・?」
    ・北原グループによる夏「高齢者との楽しい会話がある風景」のレシピ
    ・コラム「記者の目」
    ・食材市況(畜産・水産・野菜)

2018年7月号

  • 表紙サンプル
  • 〈インタビュー〉公益社団法人日本メディカル給食協会・山本裕康新会長 協会設立30周年、変化に素早く対応、外国人技能実習生の受け入れを目指す
    5月18日の定時総会で吉田憲史前会長の跡を引き継ぎ、(公社)日本メディカル給食協会の第8代会長に就任したのが、メーキュー㈱の山本裕康社長である。高齢化の進展と経営環境の厳しさが増す中、山本会長はどのように協会を運営していくのか。メーキュー㈱本社を訪問し、取り組むべき課題について詳しく聞いた。

    〈高齢者食特集〉
    ・高齢化の進展で活性化する国・団体・企業の様々な動き
    ・“メーキュー版働き方改革”で入社5年以内の社員定着率95%以上をめざす
    ・日本栄養支援配食事業協議会・黒田賢会長インタビュー 介護食品のマーケット、 NSDの方向性、海外需要
    ・嚥下食、介護食にも! ~トレハロースにできること~

    〈特別インタビュー〉
    ・日本スポーツ栄養協会・鈴木志保子理事長 スポーツ栄養を普及啓発 食品メーカーとの共同開発も
    ・㈱シュガーレディ本社・佐藤健社長 Kバレエカンパニーや東西レストランシェフと食コラボ実現 家庭向け以外にも新規事業、新チャネルを次々展開

    〈総会大特集〉
    ・(公社)日本給食サービス協会
    ・学校給食用食品メーカー協会
    ・(一社)関東学校給食サービス協会
    ・(一社)日本弁当サービス協会
    ・(一社)日本冷凍食品協会
    ・(一社)日本惣菜協会
    ・(一社)日本給食品連合会
    ・(一社)日本外食品流通協会
    ・JF、IFA、ジェフダ、全給協、関東給食会など各種総会概要

    〈ニュースアラカルト〉
    ・新行事食「夏越ごはん」を約50カ所 の受託施設で期間限定で提供/グリーンハウス
    ・6月26日本社移転、組織変更は7月1日/ソシオークグループ
    ・6期連続で過去最高売上高を 更新7期連続で増収/ケンコーマヨネーズ
    ・改正食衛法が国会で成立、広域的 食中毒事案への対応を期待する業界
    ・前期増収減益、今期は開発統括 本部設置等で大幅増益めざす/大冷
    ・7月29日に「手づくりでオリジナル 焼きドーナツをつくろう」人気イベント開催/集団給食協会

    〈連載企画〉
    ・北原グループによるエッセイ「食べ物の常識?非常識…?」
    ・北原グループによる夏「自分に優しい?ヒトがいる風景」のレシピ
    ・食材市況〈畜産・水産・野菜〉

2018年6月号

  • 紙面サンプル
  • 〈第12回全国学校給食甲子園 優勝校 訪問レポート〉埼玉県 越生町立越生小学校 甲子園優勝の要因を探る!
    「地場産物を活かした我が国の自慢料理」をテーマに日本一の学校給食を決める「全国学校給食甲子園」。2017年12月3日に開催された第12回の決勝大会で、全国2,025校・施設の中から優勝したのが埼玉県の越生町立越生小学校だ。地場産物の米や野菜、越生町の梅やゆずをふんだんに使用した素晴らしい献立、調理技術に加えて、大会始まって以来の男性チームによる優勝も話題になった。同校を訪問し、甲子園優勝の要因を探った。

    〈学校給食特集〉
    ・東京都、学校給食実態調査結果を公表
    ・東京都中学校食育研究会 森美智子会長インタビュー 給食には食育を伝える役割がある!
    ・厚生労働省、平成29年食中毒発生状況を公表 病因物質別事件数1位はカンピロバクター 2位はアニサキス、患者数ではノーウォークウイルスが過半数
    ・学流協総会 古川会長「食育への貢献を質の面から高める」
    ・日本栄養支援配食事業協議会が設立、ニチレイフーズ、日東ベストなど26社加盟 黒田賢会長「宅配事業は国民生活のインフラになりうる」
    ・日東ベスト、群馬・栃木・長野・新潟・埼玉の一部をエリアに「関信越支店」開設
    ・〈冷凍食品特集〉家庭調理減少、外食・給食現場における人手不足の深刻化により市場拡大も、コスト上昇に課題
    ・農水省、食品産業戦略検討会議・食品産業の働き方改革検討会のとりまとめを報告
    ・リクルートライフスタイル、「飲みたい街ランキング2018」発表
    ・省力化機械・ロボット特集 ロボットで人手不足解消 ~品質安定させ異物混入対策にも~
    ・国分グループ本社、人手不足、人件費高騰等に対応した国分川口流通センター竣工
    ・高齢者向け配食サービスのシルバーライフ、OEM冷凍弁当一部工程自動化へ

    〈ニュースアラカルト〉
    ・新社長に野々村充教常務が就任、野々村禎之現社長は代表権のある会長に/ウオクニ
    ・フードデリバリーサービス「Uber Eats」が大阪でスタート
    ・メリックスの大髙巽前社長逝去 「お別れの会」は6月20日に

    〈JFSA総会〉
    ・JFSA17年度の共販実績4.9%増1,503億100万円、今期目標1,550億円 PB商品の更なる強化をめざす
    ・お客様に『本格的な味』を手ごろな価格で提供したい㈱ニチレイフーズの「ちょい飲みスペシャリテ」シリーズを堂々紹介!

    〈連載企画〉
    ・北原グループによるエッセイ「食べ物の常識?非常識?・・・?」
    ・北原グループによる夏「愛情と細菌がある風景」のレシピ
    ・コラム「記者の目」
    ・食材市況(畜産・水産・野菜)

2018年5月号

  • 紙面サンプル
  • 〈インタビュー〉
    ・日本栄養改善学会の武見ゆかり理事長に聞く「スマートミール」 健康な食事・食環境の認証制度の目的と概要

    給食・外食・中食の店舗を対象とした健康な食事・食環境の認証制度「スマートミール」が4月からスタートした。7つの学術団体(日本栄養改善学会、日本給食経営管理学会、日本高血圧学会、日本糖尿病学会、日本肥満学会、日本公衆衛生学会、健康経営研究会)からなる「健康な食事・食環境」コンソーシアムが審査・認証を行う。この制度の中核的存在である日本栄養改善学会の武見ゆかり理事長(女子栄養大学教授)に制度の目的や概要を伺った。

    ・農水省食品企業行動室の横田室長に聞く、JFSのGFSI承認のメリット
    ・めん処、福島県のめん給食 ~おいしく、楽しく、安全な給食をめざして~

    〈外食特集〉
    ・第26回優良外食産業 表彰式典 7部門から大臣賞11社・局長賞5社の計16社を表彰
    ・東京ケータリング、快適給食サービス部門で大臣賞受賞
    ・人材不足や働き方改革等の課題をクリア!? 「新規業態・人材開発部門」の取組み
    ・外食・中食産業をめぐる情勢
    ・【外食12月期】12社中6社が増収営業増益 マック復活、ペッパーフードが好決算
    ・ファストフード洋風チェーンが活況 出店攻勢で市場拡大へ“商品力”強みに過当競争を打破! 各社の戦略を追う(マクドナルド、ケンタッキーフライドチキン、モスバーガー、ファーストキッチン・ウェンディーズ、日本サブウェイ、ドムドムハンバーガー)
    ・日本冷凍食品協会、外国人旅行客の影響度調査を発表
    ・わんまいる&東急百貨店 共同で高齢者らを支援
    ・日清オイリオ、単身者の中食・外食に関する意識調査を発表 おひとり様男性の約1/4が毎日“中食・外食”を利用 よく購入する揚げ物惣菜、1位“から揚げ”2位“コロッケ”
    ・JA全農「全農ブランド」で国産凍菜を展開 国産需要拡大も原料確保が課題
    ・エデンレッドジャパン、KOMPEITO、RIZAPの3社「働く人の生産性向上委員会」発足
    ・「日本栄養支援配食事業協議会(仮称)」設立、5月7日に総会 設立世話人に、ヘルシーネットワーク、ニチレイフーズ、日清医療食品など
    ・シルバーライフ、18年7月期第2四半期決算発表会開催
    ・農林水産省「食品産業の働き方改革早わかりハンドブック」を公表 ~マネジメント層と従業員の間の認識のズレと共通点~
    ・ニチレイフーズ「お弁当事情に関する調査」結果発表「手作りお弁当で年間9万円節約」
    ・農林水産省「食品産業戦略―食品産業の2020年代ビジョン」を公表 ビジョンや対応の方向性、「トリプル・スリー」を提言

    〈連載企画〉
    ・北原グループによるエッセイ「食べ物の常識?非常識?・・・?」
    ・北原グループによる春「新しい家族のいる風景」のレシピ
    ・コラム「記者の目」
    ・食材市況(畜産・水産・野菜)

2018年4月号

  • 紙面サンプル
  • 【新春座談会 医療・介護の食事サービスを変える!】
    〈日清医療食品の最新工場「ヘルスケアフードファクトリー亀岡」にみる省力化の取組み〉
    日清医療食品の「ヘルスケアフードファクトリー亀岡が昨年12月に本格的に稼働した。加熱・冷却・包装などの製造過程の自動化・ライン化を図り、生産性を向上。無人搬送車や立体倉庫・自動仕分け機も導入し、省力化を実現した最新設備の工場である。

    同社と設備設計を担当した中央設備エンジニアリング、製作者のダイフク、髙橋工業、テラオカの5社による座談会を開催し、省力化を追求する思いと連携、HFF亀岡の充実した設備内容を紹介する。人手不足の中、省力化の重要性とセントラルキッチン方式(以下、CK方式)の可能性を見出してほしい。

    【公益社団法人 日本給食サービス協会 主催セミナー「~安全・安心に取り組んでおります~『保育園給食への取組み』」】
    〈受託給食企業4社による保育園給食の様々な創意工夫〉

    (公社)日本給食サービス協会は2月21日、第39回フード・ケータリングショーの一環として、協会主催セミナーを開催した。第12回のテーマは昨年に続いて、「~安全・安心に取り組んでおります~『保育園給食への取り組み』」。200名規模の会場に260名以上の参加者が詰めかけ、立ち見の方が出るほどの盛り上がりの中で、受託給食企業4社は工夫を凝らした独自の取組みを紹介した。注目の講演概要を報告する。

    〈特集・HCJ2018〉
    ・注目展示紹介 ~おもてなしと生産性向上を実現する最新機器・サービス~
    ・「「おいしい!」の笑顔がみたくて ~食育についての取り組み~」㈱三重給食センター 営業部 部長 西田真由美氏
    ・「安心で安全なおいしい給食を目指して ~保育園・幼稚園での食育の取組み~」㈱メフォス 品質管理部 栄養主査 山𥔎美香子氏
    ・「子どもたちが笑顔になれる給食を」㈱トモ 学校給食事業部 副長 福島美希氏
    ・「LEOCの給食 ~幼少期から本物の味を~」 ㈱LEOC 首都圏CC支社 栄養士 小林愛季氏、楢葉友里氏
    ・(公社)日本メディカル給食協会主催「ストレスチェック義務化による会社への影響と現場から始める職場改善」㈱ウエルネット 大場史朗氏
    ・(一社)日本弁当サービス協会主催 HACCPの制度化に向けて「HACCPに取り組んでみませんか。」元 東海大学教授・食の安全を確保するための微生物検査協議会理事長 小沼博隆氏
    ・~人が集まる会社になるために~「ワークライフバランスの試み」㈱トーリツ 代表取締役 鈴木恵里子氏
    ・厚労省、「食品衛生法」改正案を国会提出 食中毒対策に「広域連携協議会」設置など
    ・健康な食事・食環境の認証制度「スマートミール」、4月からスタート

    〈トップインタビュー〉
    ・㈱コスモ企画 大橋会長・藤森新社長
    ・タニコー㈱ 谷口社長

    〈連載企画〉
    ・北原グループによるエッセイ「食べ物の常識?非常識?・・・?(1)
    ・北原グループによる春「新しい家族のいる風景」のレシピ
    ・コラム「記者の目」
    ・食材市況(畜産・水産・野菜)

2018年3月号

  • 紙面サンプル
  • 【さわやか新春座談会2018】
    実践活用できるHPの刷新により、栄養教諭など学校関係者と連携できる最新情報を提供・栄養教諭の成果を検証し、子どもや保護者に期待される給食を提供/学校給食用食品メーカー協会 大沼一彦会長・清水誠三副会長、全国学校栄養士協議会 長島美保子会長

    東京五輪の開催まであと2年半を切った。このまま2020年までインバウンド旋風は続き、世界的にも日本食ブームは続くと予想されている。しかし国内に目を向ければ、少子化の進む中で子どもたちの未来が明るいとは言えない。特に児童・生徒の食環境には課題が多く、朝食欠食、偏食、外食過多等によると思われる様々な体調不良が蔓延し、今や1日1食の学校給食が栄養バランス摂取への数少ない機会となっている。また、給食の実施されていない中学校もあり、あっても安価な弁当で栄養バランスの摂りにくい状況もある。一方、家庭の食は簡素化、中食化して充実した食生活には程遠く、学校給食の重要性は増している。そこで、今年も学校給食用食品メーカー協会の新年祝賀会にあたり、大沼一彦会長並びに清水誠三副会長と、全国学校栄養士協議会の長島美保子会長による「新春座談会」を企画した。

    ・学校給食用食品メーカー協会、「新年祝賀会&講演会」開催/HPの大幅リニューアルを通し学校給食関係者に活きた最新情報を提供
    ・レパスト・高橋静子調理師が「東京都優良調理師に対する知事賞」受賞/(公社)集団給食協会
    ・ウェルネス・ライフ・サイエンス研究所、ビジネスマッチングセミナーを開催「ベンチャー企業の商品・サービスで、実効性の高いビジネスを創造」

    【メディケアフーズ展2018特集】
    ・人手不足で加工食品のニーズ拡大!注目の展示概要
    ・嚥下食研究の第1人者、金谷節子先生インタビュー

    〈展示会注目のセミナー〉
    ・「省力化改革!これからの人手不足に対応する食事運営の選択肢と試食会」/新調理システム推進協会 事務局長・西耕平氏
    ・ユニバーサルデザインフードの活用法 ~現場で役立つ具体的活用例~/特別養護老人ホームひまわりの丘 管理栄養士・富松浩美氏
    ・林原、一般向けセミナーに200人、嚥下食などテーマに講演 オハヨー乳業、ツェットマン教授招き講演、口腔ケアとロイテリ菌の重要性を訴える

    【名給東京支社・メニューフーズSP会特集】
    ・前期は冷食が微減など2.5%減も、今期は5.7%増62億円を目指す 価値向上を経営方針に新しいことに挑戦し、メーカー会員と共に達成誓う
    ・(一社)新調理システム推進協会 賀詞交歓会を開く/渡辺会長、「AI・ロボットの前に人材育成が重要、セミナー開催で協会を活性化する」
    ・(一社)日本弁当サービス協会 新春セミナー/BCSAで個人のスキルを定量化、社員研修や採用時のスキル判断、配属部署適正判断などの活用を提案
    ・コンビニで健康寿命延伸/ローソンとファミマが実験店舗オープン!
    ・17年度冷食メーカー業績見込み/「増益」回答は減少傾向、コスト増・人手不足深刻化が影響

    〈連載企画〉
    ・「 すべての煩雑な課題はIT化で乗り切れる」
    ・北原グループによるエッセイ「超高齢社会を生きる私たち、これで明日のパワーを培います」〈11〉
    ・北原グループによる春のレシピ
    ・新シリーズ 記者の目
    ・食材市況<畜産・水産・野菜>

2018年2月号

  • 紙面サンプル
  • 【特別企画 出前授業で食育!】
    食品事業者が小・中学校等で行う出前授業が人気だ。希望校に社員あるいは専門家を派遣し、食品や食材の知識を伝えることを通じて、食事の大切さや楽しさを分かりやすく解説する。核家族化の進行と共働き家庭の増加で、家庭で食の大切さを伝える機会が減っている中、児童・生徒に食育を伝える素晴らしい取組みである。給食業界でも、保育園や小・中学校でテーブルマナーや食べ方、様々な食材の魅力などを伝える企業も多い。趣向をこらした授業で、教室を子どもたちの笑顔で満開にする各社の取組みを紹介する。
    ・趣向をこらした授業で、教室を子どもたちの笑顔で満開にする食品事業者の取組みを紹介
    ・全国養鱒振興協会、「ニジマス特別授業&特別給食」を千代田小学校で開催 栄養たっぷりで美味しい国産ニジマスを小学校の給食に!

    【人手不足対応特集】
    ・加速する人手不足!いかに対応すればよいか!! 労働力不足の実態と省力化・省人化事例を一挙紹介
    ・原因「応募がない」8割超、解決策は「労働条件の改善」最多―食品企業の労働力不足状況調査より
    ・ロイヤルHD、セブン-イレブン、ローソンによる省人化・生産性向上の取組み
    ・JF菊池会長、値上げ受容の重要条件提示「社会から共感得る産業に」
    ・食品メーカーの2つの「人手不足対応」 求められるは「ピンチをチャンスにする対応力」

    【日本給食サービス協会特集】
    ・西会長、日々の努力の大切さを強調 「給食の仕事は1日1日の積み重ねであり、会員・協賛会社一丸となり、1歩1歩確実に歩んでいく」
    ・給食業界をリードする39社・181名の優良社員を表彰
    ・平成29年度優良社員一覧(顔写真付)

    〈HCJ2018、メディケアフーズ展開催概要〉
    ・給食・外食・宿泊産業向け合同専門展示会 食とホスピタリティの専門展示会「HCJ 2018」が2月20~23日に開催! 人手不足対応セミナーも充実
    ・スチコン以来の画期的厨房機器と話題沸騰! あらゆる厨房で㈱フジマック「バリオクッキングセンター マルチフィシエンシー」が人気上昇中
    ・高齢者食と介護食の専門展示会&セミナー メディケアフーズ展が過去最大規模で開催! セミナーも充実

    〈給食・外食関連団体 賀詞交歓会〉
    ・(公社)日本メディカル給食協会 吉田会長、病棟入院基本料の大幅な引き上げを強調
    ・(一社)日本弁当サービス協会 渋谷会長、米の値上げと人手不足に苦慮 
    ・(一社)関東学校給食サービス協会 学校給食の民間委託、関東圏90%、前年7.7%増、市川会長=「更なる受託拡大へ」 
    ・食材卸2団体 賞味期限の延長など食品ロス対策の強化を提案
    ・首都圏業務用食品卸協同組合 人手不足の時代に即した対応力でジャンプする年に
    ・(一社)日本厨房工業会 谷口会長、人手不足対応を強調
    ・シュガーレデイ本社 主力シュガーミートは目標達成、新規客増めざし新事業続々展開
    ・(公社)日本食品衛生協会 創立70周年、指導員活動を中核とした諸事業を積極的に推進 

    〈連載企画〉
    ・「 すべての煩雑な課題はIT化で乗り切れる」
    ・北原グループによるエッセイ「超高齢社会を生きる私たち、これで明日のパワーを培います」
    ・北原グループによる冬のレシピ
    ・食材市況(畜産・水産・野菜)

2018年1月号

  • 月刊メニューアイディア2018年1月号
  • 【学校給食特集】
    ・第12回 全国学校給食甲子園 優勝は埼玉県!越生町立越生小学校が2,025校・施設の頂点に!
    ・注目シーンPick Up! ~ 調理・審査の見どころをご紹介 ~
    ・日本給食サービス協会 第5回「給食の思い出」作文コンクール 応募総数は過去最多の2,841点、10作品を表彰

    【特定非営利活動法人すずらん特集】
    ・「創立30周年感謝の集い」開催 特定非営利活動法人すずらんの活動を祝福、結晶として『すずらんのおいしい料理集』を出版

    【集団給食協会特集】
    ・小学生と保護者がケーキづくりにチャレンジ! 「親子クリスマスケーキづくり」イベント開催!
    ・平成29年度 栄養士体験発表会 「私たちの栄養士活動」開催 会員4社の新しい取組みと多彩な業務改善 (株)東京天竜、(株)ニッコクトラスト、シダックスフードサービス(株)、(株)馬渕商事
    ・(公社)集団給食協会 平成29年度優良社員 被表彰者一覧 23社・125名

    ・介護食ニュース
    ・高齢者食と介護食の専門展示会&セミナー「メディケアフーズ展」 2018 1月24・25日開催!
    ・国際生命科学研究機構・安川拓次理事長インタビュー 「健康な食事研究会」発足、日々の食事指針を作成
    ・現代人の野菜不足 深刻! 1日目標350g達成者はわずか5%、若い人ほど食べない傾向 カゴメ(株)調べより

    【給食・外食関連団体2017年年頭挨拶】
    ・公益社団法人 日本栄養士会 小松龍史 会長
    ・公益社団法人 日本給食サービス協会 西剛平 会長
    ・公益社団法人 日本メディカル給食協会 吉田憲史 会長
    ・一般社団法人 日本弁当サービス協会 渋谷利光 会長
    ・日本給食品連合会 野口昌孝 会長
    ・公益社団法人 集団給食協会 岩見竜作 会長
    ・一般社団法人 関東学校給食サービス協会 市川敏一 会長
    ・一般社団法人 日本外食品流通協会 尾家亮 会長
    ・全国給食事業協同組合連合会 秋元直人 会長
    ・一般社団法人 日本厨房工業会 谷口一郎 会長
    ・公益社団法人 学校給食物資開発流通研究協会 古川裕志 会長
    ・学校給食用食品メーカー協会 大沼一彦 会長

各出版物のご案内へ

食品産業新聞社

本社
〒110-0015 東京都台東区東上野2-1-11
サンフィールドビル8階(MAP)このリンクは別ウィンドウで開きます

TEL:03-6231-6091(代表) FAX:03-5830-1570

大阪支局
〒530-0044 大阪市北区東天満1-11-15
若杉グランドビル別館(MAP)このリンクは別ウィンドウで開きます

TEL:06-6881-6851 FAX:06-6881-6859

ページ
上部へ
ページ
下部へ

Copyright c Shokuhin Sangyo Shimbunsha Co., Ltd All rights reserved.