冷食日報

バックナンバーの見出し一覧(2018年1月)


2018年1月25日号

  • ・トーホーグループ総合展示商談会・東京会場に1,000人来場 外食店の課題解決に繋がる提案型商品・メニューを紹介
    ・「力強いカテゴリー政策」と「新規需要創造への挑戦」を継続強化 和風感追求した「若鶏タツタ」/ニチレイフーズ竹永家庭用事業部長
    ・「サラダチキン」は料理作りを手軽にサポートする新価値商品
    ・2018年メーカー各社の方針㉔/井村屋
    ・高質品「ゴールド」が拡大、新工場発ベイクド・デリ注力
    ・林原4月1日付、新社長に安場氏
    ・《マイナス18°》冷凍で減塩に
    ・産業給食向けに「ごちそう海老カツ」、盤面が大きくボリューム感 メンチカツはリニューアル、衣の食感改良/ヤヨイサンフーズ(下)
    ・12月CVS統計、既存店売上0.3%減と6カ月連続減/JFA
    ・12月スーパー統計、既存店の食品1.2%増、惣菜は好不調まだら/JSAなど
    ・【12月冷食POS⑦】冷食ピザ・グラタン1店舗当たりの販売額ランキング

2018年1月24日号

  • ・2018年メーカー各社の方針㉓/オカフーズ QPSで信頼関係を構築、業務改革3割減を新事業と時短に
    ・ケンコーマヨ、41億円投じ静岡富士山工場増設 卵製品の生産を増強
    ・パワーサラダ提案、青果クロスMDも展開/加藤産業新製品発表会 こだわりのある発掘商品の紹介にも注力 10~12月近畿小売は軒並み良好=菅支社長
    ・外食アワード2017、宝酒造の村田社長ら8人を選出
    ・《マイナス18°》カボチャ栽培を推奨
    ・イートアンド、焼餃子2ケタ増近辺、水餃子は3割増で着地見込み
    ・イートアンド、「大阪王将」常温家庭用調味料で新商品2品
    ・日本アクセスが消費者向け情報発信WEBサイトをオープン
    ・諫早干拓地で契約栽培の「九州産キャベツの包みメンチカツ」学給向けはおかず商品、カップデザート/ヤヨイサンフーズ(中) アレルギー配慮のチキンカツ、焼き目付餃子、ミートボール
    ・日給・西会長、「価格転嫁が理解される環境整いつつある」
    ・日本メディ給協・吉田会長、病棟入院基本料の大幅引き上げ訴える
    ・【12月冷食POS⑥】調理冷食1店舗当たりの販売額ランキング

2018年1月23日号

  • ・イートアンド、家庭用冷食の春季新商品で餃子3品新発売 バリエーションを拡大し冷凍餃子市場の拡大・活性化に
    ・2018年メーカー各社の方針㉒かねます食品 「鉄板屋」シリーズ好調、ボリューム感のあるお好み焼発売
    ・2017年食品業界ヒット番付、西大関にニチレイ「特から」
    ・18年度も冷食売上・市場は成長予想が多数 原料高、人件費高騰などコスト増への懸念は高まり/本紙調査(下)
    ・日本アクセス第3四半期連結、7.6%増収も5%営業減益
    ・中食市場は高品質+価格訴求、原料産地・付加価値への要望強まる アレルゲン配慮、国産原料の学給商品を充実/ヤヨイサンフーズ(上)「なめらかさ」実現に注力した「NEWとろけるクリームコロッケ」
    ・ケイエス冷凍食品、業務用に「万能素材つくね」
    ・日本惣菜協会が賀詞交歓会開催、339社から680人が参集
    ・《マイナス18°》やっぱりガッツリ!
    ・【12月冷食POS⑤】冷凍農産販売額ランキング

2018年1月22日号

  • ・マンデー・オピニオン インスタ映えの闇
    ・17年度メーカー業績見込み「増益」回答は減少傾向 コスト増・人手不足深刻化が影響/本紙調査(上) コスト増響き増益見込みメーカーは減少も依然6割近く
    ・テーブルマーク、18年春の家庭用冷食新商品10品・改良品13品発売 1食完結型の具付き汁なし麺2品、食卓品は“今日のもう逸品”2品
    ・ケイエス冷凍食品、家庭用におつまみ商品、「肉だんご」はリニューアル 45周年「肉だんご、変わる」25周年「鶏つくね串、感謝」キャンペーン実施
    ・ライフフーズ、冷凍フルーツ多様化へ“フルーツのある生活”提案 新商品「ダークスイートチェリー」はワインのお供に
    ・日本ハム冷食、アレルギー対応「みんなの食卓」家庭用冷食発売
    ・「若鶏から揚げ」パッケージ改良、期間限定で「極撰ギョーザ」/味冷
    ・テーブルマーク2月1日付、福田氏が社外取締役
    ・《マイナス18°》“新しい着ぐるみ”を作成
    ・【12月冷食POS④】冷凍米飯販売額ランキング

2018年1月19日号

  • ・「とろけるクリームコロッケ」、なめらかな舌ざわり口どけが向上 学給強化、各市場向けに付加価値商品充実/ヤヨイサンフーズ春新商品 4~12月売上げは5%増、魚フライ47%増、通期の利益目標達成へ
    ・日本ハム冷凍食品、18年春夏の新商品11品・リニューアル品12品発売 「チキチキボーン味 炒飯」で冷凍炒飯市場に初参入
    ・尾家産業が春季提案会、初となる2フロア展開で1,100人以上が来場 ビアガーデン向けに彩り豊かなアレンジメニューを提案 「70年の記念となる年度、増収増益で着地したい」=尾家社長
    ・賞味期限の延長など食品ロス対策の強化を提案/食材卸2団体新年会
    ・日本厨房工業会・谷口会長、人手不足対応を強調
    ・業務用厨房機器売上7年連続伸長/日本厨房工業会調べ 17年度は前年4.1%増の5,970億円
    ・売上高・利益とも過去最高を更新、売上1,000億円へ意欲/大光
    ・《マイナス18°》「ほうれん草ある?」
    ・【12月冷食POS③】冷凍麺販売額ランキング

2018年1月18日号

  • ・日本アクセス「春季フードコンベンション」東日本会場が開幕 出展メーカー600社、1万1,000人が来場予定 フローズンブースでは店頭販促向けに冷凍食品活用レシピ動画を提案
    ・イートアンド、多彩な餃子提案 チーズ餃子やトムヤムクンたれ
    ・キンレイ、「レンジで汁なし麺 四海樓監修 皿うどん」 「お水がいらない」シリーズに中華麺2品
    ・2018年メーカー各社の方針㉑/エム・シーシー食品 注力ピッツァが好調、シーンで展開「Cafe Style」シリーズ
    ・日本アクセス、「Delcy」冷凍新商品、「味覇」コラボのあんかけ焼そばも
    ・新ステージで企業ブランド価値を高める/マルハニチロ伊藤社長
    ・日食協・鵜飼理事長「創立70周年、指導員活動を中核に諸事業を積極推進」
    ・ローソン、丸の内に健康寿命延ばす実験店 ロカボ食で働く人を支援
    ・冷凍ペットフード「お徳用ハンバーグ」/日清ペットフード
    ・《マイナス18°》自動決済でもできればなあ
    ・【12月冷食POS②】冷凍ピザ・グラタン販売額ランキング

2018年1月17日号

  • ・17年1~12月冷食POS合計販売額は1.4%減、米飯は1.9%増 12月単月は合計0.9%減、調理冷食と農産がプラス/KSP-SP
    ・キユーピー、17年度の営業益過去最高、タマゴ事業は付加価値品が好調 「中計最終年度、全事業で増収増益を目指す」=長南社長 家庭用タマゴ調理品「冷凍は検討事項」
    ・《マイナス18°》思い切って剪定する年
    ・イオン、「トップバリュワールドダイニング」で飲茶7品
    ・外食協近畿支部が新年賀詞交歓会、280人が参加 「ワンワン騒がずオンリーワン目指して駆け回る年に」=大月支部長
    ・18年度変化対応力を強化し成長性維持-味の素冷食岡本家庭用事業部長
    ・味の素冷食ならではの着眼と技術で-伏見業務用事業部長 味の素冷食、「ザ★チャーハン」など3品で大ヒット御礼《金》パッケージ
    ・日本冷凍空調工業会が賀詞交歓会、約350人が参集
    ・【12月冷食POS①】調理冷食販売額ランキング

2018年1月16日号

  • ・2018年メーカー各社の方針⑱/京果食品 ミャンマー事業本格始動、既存客との関係性を密に
    ・2018年メーカー各社の方針⑲/大冷 楽らく柔らかシリーズが切り札、骨なし魚は今期盛り返す
    ・2018年メーカー各社の方針⑳/シマダヤ 4~11月は売上・利益とも前年並、業務用は「真打」伸ばす
    ・キリン堂、「食品の品ぞろえを充実させていく」=寺西社長
    ・日弁協・渋谷会長、米の値上げと人手不足に苦慮
    ・自然解凍品、安易には増やさない/ライフフーズ矢野社長
    ・18年も国内外で積極策/味の素冷凍食品日比専務
    ・味の素冷食業務用、一人前から簡単に提供「お徳用中華丼の具」
    ・フロン排出抑制法の順守事項・漏えい防止対策説明会/環境省
    ・食品ロス削減スマホアプリ「EcoBuy」実証実験/ドコモ
    ・《マイナス18°》2~3倍に増えても驚かない
    ・新年1月1日~10日の中部・近畿地区の冷食特売チラシ

2018年1月15日号

  • ・マンデー・オピニオン 高まる成長期待、課題も大きい
    ・2018年メーカー各社の方針⑰/ライフフーズ 家庭用冷凍フルーツを強化、リーチインケースに合わせた新シリーズも 「戦略企画本部」は国内外の産地開拓で成果=矢野社長
    ・惣菜業態、着色料等3不使用ニーズに応えた「Pure Delica」シリーズ 「きたあかりのポテトコロッケ」「ビーフメンチ」の2品/ニチレイフーズ
    ・味の素冷凍食品、原料にこだわった「カット済みケーキ」を3品 凍ったまま美味しいアイスケーキは「ストロベリー」と「ピスタチオ」
    ・人手不足に時代に即した対応力でジャンプする年に/首都圏業務用食品卸協
    ・CM連動の店頭販促が奏功、今期2%増で推移/味の素・前川大阪支社長
    ・《マイナス18°》シリアルブームが影響
    ・新年1月1日~10日の首都圏地区の冷食特売チラシ
    ・2017年11月の冷凍果実輸入通関実績④〈完〉

2018年1月12日号

  • 紙面サンプル
  • ・「切れてるサラダチキン」、料理素材として価値提案/ニチレイフーズ 新粉ふき衣製法の「若鶏タツタ」、「本格炒め炒飯」は焼豚を改良 業務用は「日常以上、ハレ未満」強化し「スペシャリテ」を充実
    ・2018年メーカー各社の方針⑭/ケイエス冷凍食品 ミートボールが外食・老健に拡大、18年度「肉だんご」45周年
    ・2018年メーカー各社の方針⑮/ノースイ 農産が伸長、200億円規模に、産地・サプライヤー開拓を推進
    ・2018年メーカー各社の方針⑯/日本ハム冷凍食品 17年春の新商品が好調で増収、ハンバーグ「焼の匠」根気よく育成
    ・日冷倉・東冷倉共催、新年会に600人弱 「物流サービス高度化へ的確にサポートしたい」=日冷倉大谷会長
    ・味の素、クックドゥに麺用ソース、クノールにスープごはん用
    ・尾家産業が冷凍エビ、常温ビーフカレーなどPB新商品発売
    ・マルイチ産商の組織変更・人事異動(1月16日付)
    ・《マイナス18°》見事なキャッチフレーズ
    ・—資料— 2017年11月の冷凍果実輸入通関実績③

2018年1月11日号

  • ・“肉ガブッと!”第2弾は「ハンバーグ厚盛BIG」、食卓向け1個250g 「白身&タルタルソース」はMSC認証エコラベル付き/マルハニチロ 業務用は清湯スープ使用の「赤坂璃宮監修 香火力華炒飯」
    ・2018年メーカー各社の方針⑪/極洋 “真のメーカー”目指す 塩釜躍進・北海道は魚卵に転換
    ・2018年メーカー各社の方針⑫/キユーピー FS事業はタマゴ素材がけん引 白い卵製品も好調
    ・2018年メーカー各社の方針⑬/明治 商品集約、グラタン好調・リゾット定着に注力 生産ライン見直しへ
    ・国内外で生産機能増、自然との調和意識を/ニチレイフレッシュ金子社長
    ・人手不足等コストアップ対策は業務革新/ニチレイロジG本社松田社長
    ・味の素冷食、「おにぎり丸」で写真投稿コンテスト実施 頑張る人への「応援」テーマにInstagram/Twitterへおにぎり写真投稿
    ・中央設備エンジニアリングがバンコクに現地法人を設立
    ・テーブルマーク2月1日付、善通寺工場長に石川氏
    ・《マイナス18°》冷凍野菜のアピールを
    ・—資料— 2017年11月の冷凍果実輸入通関実績②

2018年1月10日号

  • ・味の素冷凍食品、家庭用に「夜九時のひとり呑み」シリーズ6品 「dancyu」とコラボ、ひとり呑みを至福の時間にする肉と野菜のつまみ 「おにぎり丸」を進化、握りやすいサイズ(20g)、新メニュー2品 業務用は約4分で提供可能な「袋のままレンジでチキンステーき」
    ・2018年メーカー各社の方針⑧/日清食品冷凍 単品力強化で収益も好調、冷凍麺をさらに進化させ市場拡大へ
    ・2018年メーカー各社の方針⑨/日清フーズ 引き続き“圧倒的差別化商品”投入、業務用にも注力
    ・2018年メーカー各社の方針⑩/日本製粉 トレー入りにこだわり価値訴求型商品を引き続き提案
    ・主力シュガーミート目標達成、復活に手応え/シュガーレディ本社 新規客層の取り込みに別会社・別ブランドも検討 「美しい国から」第2弾は石垣島
    ・《マイナス18°》ピンチをチャンスに
    ・12月20日~12月31日の中部・近畿地区の冷食特売チラシ
    ・—資料— 2017年11月の冷凍果実輸入通関実績①

2018年1月9日号

  • ・【年頭所感】日本冷凍食品協会会長・伊藤滋氏 冷食業界の地位向上に全力を傾注、2020年東京五輪に向け新事業
    ・【年頭初感】日本冷凍めん協会会長・和田博行氏 3つの基本方針でHACCP対応やプロモーション等に注力
    ・2018年メーカー各社の方針⑦/日東ベスト 介護施設10%増と好調、山形工場で1月から一部自動化も=大沼社長
    ・お客様本位に徹し、新しいことにチャレンジ=ニチレイ大谷社長
    ・グループが取り組む3つのマテリアリティテーマ/日本水産大木社長
    ・新中計で10年後の姿を提示、ブランド戦略推進=マルハニチロ伊藤社長
    ・食品事業拡大に全セグメントが関わることが重要=極洋今井社長
    ・三菱食品が2020年に東京・小石川へ本社機能を集約移転
    ・ナックスナカムラ1月1日付、観音堂氏が副社長を退任
    ・不二製油グループ本社1月1日付人事異動
    ・村田秀太郎氏(元日清医療食品会長)が死去
    ・《マイナス18°》景気回復への備え
    ・11月の冷凍果実輸入量は6.5%増、平均単価15%上昇 無加糖パパイヤ・マンゴー、無加糖「その他」が増加基調
    ・12月20日~12月31日の首都圏地区の冷食特売チラシ

媒体情報と最新号のご案内へ
食品就活ドットコム
広告募集中

各出版物のご案内へ

食品産業新聞社

〒110-0015 
東京都台東区東上野2-1-11 サンフィールドビル8階

TEL:03-6231-6091(代表) FAX:03-5830-1570

ページ
上部へ
ページ
下部へ

Copyright c Shokuhin Sangyo Shimbunsha Co., Ltd All rights reserved.