冷食日報

バックナンバーの見出し一覧(2018年6月)


2018年6月29日号

  • ・テーブルマーク魚沼水の郷第2工場、最新鋭の冷凍うどん専用工場 サイロから倉庫搬入、資材供給に至るまで自動化
    ・キンレイ17年度売上高は18%増112億円も投資負担で営業欠損 今期は売上高10%増124億円で営業黒字回復計画 量販向け「お水がいらない」シリーズ30%増、鍋焼うどん50%増と大幅伸長
    ・5月の凍菜輸入量、数量7.0%増 中国産は2桁増 枝豆とブロッコリの増加2割超、ホウレン草・インゲンも2桁増
    ・キンレイ、18年秋冬新商品「お水がいらない 尾道ラーメン」等8月20日発売
    ・「伊藤忠商事アクセラレーター2018」新規ビジネスをスタートアップ企業と共創/伊藤忠とCreww
    ・日本アクセス、高校生考案による弁当開発を支援、平和堂で販売
    ・《マイナス18°》焦らずじっくり
    ・【取引慣行実態調査②センターフィー負担】SMには「応じている」67% 小規模企業ほど「応じる」=食品産業センター調べ
    ・6月21日~27日の首都圏地区の冷食特売チラシ

2018年6月28日号

  • ・17年度業務用冷食、注力した中食は原料問題補い前年クリア 給食は3カテゴリーとも堅調推移=日本水産松島業務用食品部長 刷新したクリーミーコロッケが倍増、グラタン・ドリアは引き合い増
    ・【卸インタビュー】日本加工食品卸協会・奥山則康専務理事(上) 物流の人手不足対応で手待ち時間の削減急務に
    ・日食協として業界標準のトラック予約受付システム構築へ
    ・ニチレイの役員人事(6月26日付)
    ・【取引慣行実態調査①協賛金負担の要請】ドラッグストア最多、2P増 DSは5P増の42%に=食品産業センター調べ
    ・【春のCVS特集・CVS各社の動向⑥デイリーヤマザキ】おにぎり、助六など見直し グループ力活用、店内調理も武器
    ・《マイナス18°》ごはんの代わりのパン
    ・Non表示の厳格化で次回会合から議論開始-消費者委表示部会 原産地表示で事業者向け指針を作成、全国35カ所でセミナー実施予定
    ・東武ストア下赤塚店、建て替えて3年ぶりオープン 食肉は小豆沢店でパッキング対応
    ・新業態「タニタカフェ」、“こころの健康づくり”若年層に照準

2018年6月27日号

  • ・18年度業務用は収益を意識した“良質な売上げ”増やす インバウンド見据え外食を強化、個店開拓も=日水・松島業務用食品部長
    ・17年度業務用冷食は実質前年並確保も水産原料高騰に苦心
    ・売上高は過去最高8,164億円「地道な努力の結果」/三井食品3月期 今期、1年前倒しで経常利益率0.5%へ
    ・国内物流不動産水上は第4期に、付加価値で差別化の時代/プロロジス
    ・【春のCVS特集・CVS各社の動向⑤ミニストップ】差別化ではなく異質化へ フローズン中食を実験導入
    ・日本ハンバーグ・バーガー協、副会長に日ハム畑社長 17年会員実績はハンバーグ6%増、バーガー15%増
    ・極洋、初のテレビCM 関東地区で7月2日から
    ・冷凍ピッツァ3品をPB「イータイム」で発売/USMH
    ・ヤヨイサンフーズの役員人事(6月22日付)
    ・国分グループ7月1日付人事異動
    ・三井食品6月26日付役員人事
    ・《マイナス18°》「えのき氷」あります
    ・―資料― 主要CVSチェーンの都道府県別店舗数

2018年6月26日号

  • ・取引慣行調査、「改善が認められる」横ばい/食品産業センター調べ 従業員派遣「応じている」が増加
    ・食の“パーソナルトレ”「STYLE DELI(スタイルデリ)」 カラダ作りを無理なく実践/青山すこやか本舗
    ・嚥下食・咀嚼困難者食等の17年市場規模は7.3%増668億円=矢野経済
    ・トクホとのすみ分け、機能性表示食品の理解促進を重要課題に-消費者委 買い上げ調査で景表法違反事例も、機能性の科学的根拠など視点に信頼向上図る
    ・「SPORTS EPA」で「アジアマスターズ水泳選手権大会」に協賛/日水
    ・【春のCVS特集・CVS各社の動向④KGC】システム供給で存在感 無人店舗で出店余地拡大
    ・サンチュ自主回収、改正食衛法を先取り 広域食中毒巡り厚労省主導
    ・《マイナス18°》「欧州も順調」
    ・イトーヨーカドー、唐揚げ・コロッケをリニューアル 唐揚げは店内もみ込み、売上1.4倍を目指す
    ・5月外食統計、客単価上昇続き0.4%増と21カ月連続増/JF
    ・6月14日~20日の中部・近畿地区の冷食特売チラシ

2018年6月25日号

  • ・マンデー・オピニオン 人手不足の進展と各社の戦略
    ・共同購買4.2%増57.2億円、今期60億円へ/ファンズエーピー 冷凍品は6.6%増31.2億円・凍菜8.7%増、常温は2.1%減 新規商品、唐揚げ・ハンバーグ・凍結卵 秋には冷凍麺採用へ
    ・日水が「トレーニング&コンディショニングセミナー2018」に協賛
    ・【春のCVS特集・CVS各社の動向③ローソン】店内調理でECに対抗ご当地おにぎり全国展開
    ・「収益力強化、価値を高める取り組みで増収増益」グルメ杵屋株主総会
    ・《マイナス18°》トマトジュース×牛乳
    ・ごはん(新潟)魚沼産米使用の米粉パン/6次産業化展
    ・三越伊勢丹の定期宅配ECサイト開設、オイシックスドット大地が支援
    ・ヨコレイ、グリーン経営の永年登録事業所表彰 九州6事業所
    ・6月14日~20日の首都圏地区の冷食特売チラシ

2018年6月22日号

  • ・「適正化」推し進め、2期連続で過去最高益を更新/京果食品 ミャンマー事業が本格稼働、今期は1,600tを計画
    ・ニチレイバイオ、がん検出キットの用途にクリゾチニブ適応判定を追加
    ・三井食品フードショー、惣菜では全国のご当地餃子24種を一堂に紹介 首都圏展示会で初めて市販冷食を棚割り提案、首都圏冷食販売強化
    ・「京都城陽ハブセンター」竣工、関西物流網の要に/ダイセーエブリー二十四
    ・食品産業センター、専務理事に田辺氏
    ・《マイナス18°》アレルギー対応、合宿でも
    ・【春のCVS特集・CVS各社の動向②ファミリーマート】健康志向商品を2倍に 自分で作るバーガーも
    ・5月CVS統計、既存店売上1.2%減と5カ月ぶり減/JFA
    ・5月スーパー統計、既存店売上1.4%減3カ月連続減 惣菜2カ月連続減/JSA
    ・5月チェーンストア統計、既存店3カ月連続マイナス/JCA
    ・【5月冷食POS⑩】冷凍農産1店舗当たりの販売額ランキング

2018年6月21日号

  • ・20、21日「三井食品フードショー2018」、4,000人来場見込み
    ・ピカール、夏を涼しく過ごすクールクッキング提案
    ・スポーツ栄養を普及啓発 食品メーカーにも参画呼びかけ/日本スポーツ栄養協会
    ・ギョウザ製販まるかわ食品と事業譲渡の合意書締結/ヨシムラ・フードHD
    ・外食3月期、人件費上昇などコスト吸収が課題 増収営業増益企業は47社中13社
    ・日本アクセス役員体制、新任取締役に宇佐美氏、成戸氏、福田氏
    ・食品産業センター、経済財政・再生相に「外税方式の恒久化」要請
    ・《マイナス18°》あいまいになる家・業の境界
    ・―資料― 主要外食企業の18年3月期業績(非連結含む)
    ・【5月冷食POS⑨】冷凍米飯1店舗当たりの販売額ランキング

2018年6月20日号

  • ・味の素冷凍食品、17年度家庭用が牽引 減益も過去2番目の事業利益 組織改革 家庭用・業務用の壁なくす=日比取締役専務執行役員
    ・ナガレイ、夏季総合フェアが盛況「信州食材でおもてなし」
    ・「せんどば 船橋店」オープン1周年記念イベントを開催/トーホー
    ・京果食品役員体制(5月28日付)
    ・【春のCVS特集・CVS各社の動向①セブン‐イレブン】客数増に重点、健康で新規開拓 うどん刷新やアプリで頻度増へ
    ・デルマール社長に金柱氏、北海道日水社長に合田氏/日水関連会社
    ・《マイナス18°》やはりメーカーは商品
    ・大阪北部地震、一部SMで営業休止や物流面で影響が出ている模様
    ・近畿アクセス会定時総会とトーホーストア会定例総会が延期
    ・大阪北部地震、大きな被害や人的被害なく ニチレイフーズ生産再開/当社日報各誌から
    ・6月7日~13日の中部・近畿地区の冷食特売チラシ
    ・【5月冷食POS⑧】冷凍麺1店舗当たりの販売額ランキング

2018年6月19日号

  • ・大阪北部で震度6弱、一部工場で稼働停止判断 大きな設備損傷はない模様
    ・丸水長野県水、冷食グループで100億円へ 業務用と低温物流を拡大 市冷協が神奈川県の「全公立展」に試食ブース初出展
    ・市販冷食18社24アイテムを試食提供、想定を上回る盛況ぶりに
    ・【CVS特集】大手CVS、ネット連動機能でさらに成長へ 民泊チェックイン、宅配など
    ・ヨークマート所沢花園店、ベニマルのベーカリー導入 バイオーダーのピザ・タコ焼き
    ・6月7日~13日の首都圏地区の冷食特売チラシ
    ・《マイナス18°》手探りながらも大成功
    ・【5月冷食POS⑦】ピザ・グラタン1店舗当たりの販売額ランキング

2018年6月18日号

  • ・マンデー・オピニオン 業務用業界団体の代表者の思い
    ・丸水グループ連携強化 業務用・惣菜ルート拡大図る 県網羅する冷凍物流を拡充、受託業務を拡大=丸水・吉田社長
    ・18年7月期第3Q 大幅増収増益、経常19.1%増 赤岩物流センター稼働でOEM冷凍弁当新規販売先開拓/シルバーライフ
    ・極洋、7月11日付人事異動
    ・通常総代会、今期は増収増益に意欲/コープこうべ
    ・《マイナス18°》すでに3周
    ・国分の中国子会社が青島に三温度帯汎用センター
    ・日本食品検査が「中国HACCP説明会」を関東・関西で開催
    ・フライドポテトの新定番“ローディッド・フライ” 情報サイトで時短・栄養バランスのよいメニュー公開/米国ポテト協会
    ・阪南支店を新築移転、西日本の調達・供給も兼ねる大型拠点/尾家産業
    ・「SNAMサステナビリティ・インデックス2018」構成銘柄に選定/日水
    ・「せんどば 船橋店」オープン1周年記念イベントを開催/トーホー
    ・【5月冷食POS⑥】調理冷食1店舗当たりの販売額ランキング

2018年6月15日号

  • ・ニチレイフーズ家庭用、2年連続50億円増収 チキン・米飯が牽引 冷食の素材としての利用機会創造へ「不退転の決意」 市場減速も、4~5月は計画通り進捗
    ・丸水長野県水、第50回FF会総会 日本ハム冷食の入会で会員31社に 「人口減も商機ある、訪日客も」=梅田会長
    ・「人手不足解消セミナー参加者3割増、課題の重さを感じる」=日本厨房工業会・谷口会長
    ・【業務用食品特集⑧・卸インタビュー⑥】久世 高効率で柔軟な物流網構築へ、3大都市圏“狭く深く”攻める
    ・ヤヨイサンフーズ気仙沼工場、地元自治体は復興後押しに期待
    ・《マイナス18°》真の復興へ着々
    ・伊藤忠食品展示会、デリカブースでワンプレート冷凍惣菜など提案 ブランド商品ブースでは有名店コラボの冷凍惣菜・スイーツも
    ・【5月冷食POS⑤】冷凍農産販売額ランキング

2018年6月14日号

  • ・ヤヨイサンフーズが新「気仙沼工場」の立地協定を締結 20年11月稼働、水産加工品・介護食・水産カツ類年6,400トン生産
    ・伊藤忠食品「FOOD WAVE TOKYO」に3,000人、オリジナル企画多数 リンベル社と「コト・モノ」ギフトを共同企画、8月から発売
    ・FOOMA JAPAN2018、史上最多の798社出展
    ・近商ストア、新社長に粕本代表取締役専務が内定
    ・【業務用食品特集⑦・卸インタビュー⑤】名給 粗利率向上の取り組みで増益、必要不可欠な存在へ進化 今期方針「価値向上」
    ・【ドラッグストア特集④】ドラッグストアへの食品に関するアンケート 食品50%以上占めるチェーンも存在 “集客”狙った品ぞろえ目立つ
    ・【5月冷食POS④】冷凍米飯販売額ランキング
    ・《マイナス18°》伸びる素地はできている

2018年6月13日号

  • ・食安協、厚労省課長級と食衛法情報交換 器具包装ポジリスなど 「現場理解しながら進める」道野課長
    ・17年UDF生産統計、生産量・金額ともに2ケタ増 冷凍品数量14.3%増、金額10.4%増/日本介護食品協議会
    ・7月11日「UDFの日」記念 プレゼントキャンペーン 同日はTBSラジオを1日ジャック
    ・湯せん調理可能な個食冷凍パスタ「Tokyo Pasta」全国発売=日本製粉
    ・ADとJFLAが8月1日に統合、新社名はJFLAホールディングス 社長にはAD会長でJFLA社長の檜垣周作氏
    ・《マイナス18°》近々お願いすること
    ・M&A寄与もあり増収も、経費増などで減益/トーホー第1四半期
    ・「様々な変化を製配販で乗り切る」=チェーン協関西支部・夏原支部長
    ・【5月冷食POS③】冷凍麺販売額ランキング
    ・5月31日~6月6日の中部・近畿地区の冷食特売チラシ

2018年6月12日号

  • ・ニチレイフーズ業務用事業、全業態で前年を上回る 「価格・品質を上げる施策、各業態に響いた」=福本業務用事業部長 18年4%増「特撰和風鶏竜田揚」好調
    ・【業務用食品特集⑥・卸インタビュー④】尾家産業 関西の大型拠点、阪南支店を新築移転 商品を一括集約する新たな取り組み
    ・斡旋商品は5.4%増8億円、PB等の商品開発で全国展開検討/全給協総会
    ・《マイナス18°》返品率ダントツの業態
    ・新たな原料原産地制度、認知・理解50.4%目指す=食品表示部会
    ・HACCP義務化などを盛り込んだ食品衛生法改正案を可決=衆院
    ・【5月冷食POS②】冷凍ピザ・グラタン販売額ランキング
    ・5月31日~6月6日の首都圏地区の冷食特売チラシ

2018年6月11日号

  • ・マンデー・オピニオン ネガ→ポジで変わること
    ・【業務用食品特集⑤・卸インタビュー③】トーホーフードサービス 原点のコーヒー全面刷新、新たな営業活動支援システムを活用
    ・日食協関東支部が定時総会、引き続き4つの調査研究事業を推進 日食協、待機時間の削減に向けトラック予約受付システムを開発中 「業界の協調事業領域、会員卸相互で競争と協調理解を」=佐々木支部長
    ・《マイナス18°》税が食文化をゆがめる?
    ・蒙古タンメン中本監修初の冷凍ラーメン 「セブンプレミアム 蒙古タンメン中本 汁なし麻辛麺」発売/セブン‐イレブン
    ・「Delcy」から“味覇”使用あんかけ焼そば2品発売/日本アクセス
    ・石井食品、震被災者の意見を基に開発した玄米のおかゆ「potayu」発売
    ・【5月冷食POS①】調理冷食販売額ランキング
    ・―資料― 2018年4月の冷凍果実輸入通関実績③〈完〉

2018年6月8日号

  • ・日本冷凍めん協会が通常総会、冷凍めんの公正競争規約を策定検討へ
    ・日本アクセスが本社移転、7月2日から新社屋で順次業務開始
    ・高知で総会を開催、創業95周年“地域に本気”の経営に邁進/全国旭友会 マスダ寄与し増収増益、冷食と酒類が伸長
    ・【業務用食品特集④・卸インタビュー②】日本アクセス 2020年外食3,000億円目指す、デリカでは冷凍キット商材開発強化 工夫の積み重ねで厳しい外部環境にも対応
    ・「さかなの赤ちゃん チリメンモンスター」出張授業/日本水産
    ・尾家産業がキムチなどPB商品2品を発売
    ・《マイナス18°》グアテマラの火山噴火
    ・5月冷食POS合計販売額は3.4%減と4カ月連続マイナス 1~5月累計は2.6%減と軟調/KSP-SP調べ
    ・―資料― 2018年4月の冷凍果実輸入通関実績②

2018年6月7日号

  • ・【業務用食品特集③・卸インタビュー①】三菱食品 FS本部初年度は売上29%増、矛盾解決力で「役に立つ」「頼れる」卸に進化 今秋千葉・舞浜にリクエ対応で最新設備の第二物流センター開所
    ・宝幸、秋の新商品商談会 冷食はしゅうまいと高質いわしフライ
    ・髙瀬物産18年3月期は厳しい環境下も増収を確保し売上高1,007億円 今期は「行動改革」をテーマに取組み1,033億円を計画 ジーマ・髙瀬物産は売上高20億円目前、旬華は横の連携を強化
    ・味の素、イノベーションセンター開設 取引先と新価値・新事業を共創
    ・天満屋ストアが「セブンプレミアム」を全店で取り扱い開始
    ・北海道冷食協、藤井会長、山岸・樋口両副会長が再任
    ・「西淡路店」をオープン、流水解凍できる冷凍麺を3SKU/ライフ
    ・尾家産業、キムチなどPB商品2品を発売
    ・日本アクセスの人事異動(6月11日付)
    ・《マイナス18°》ベトナム人3%、日本人30%
    ・―資料― 2018年4月の冷凍果実輸入通関実績①

2018年6月6日号

  • ・髙瀬物産が2年に1度の総合提案会を開催、1万2,000人来場見込 外食産業の4つの変化に対応するテーマで商品を提案
    ・ジェフダ総会、取扱高8.6%増303億円 冷食は14.8%増 今期はPB開発・販売強化等で320億円も中期目標は500億円
    ・野々村充教常務が新社長に就任、野々村禎之社長は代表権のある会長に/ウオクニ
    ・新行事食「夏越ごはん」を約50カ所の受託施設で/グリーンハウス
    ・「担々麺の香り入浴剤」キャンペーン15日スタート/日清食品冷凍
    ・4月の冷凍果実輸入量は9.7%増、ストロベリはチリ・エジプトが牽引 ラズベリ2桁増、マンゴーは2桁減 中国産合計は2桁減
    ・家計調査4月、「調理食品」合計は1.3%増と6カ月連続プラス 「冷凍調理食品」は4.6%増で10カ月連続プラス/総務省 外食支出は0.5%増と6カ月連続増
    ・《マイナス18°》2期目のコンビ
    ・5月24日~30日の中部・近畿地区の冷食特売チラシ

2018年6月5日号

  • ・【業務用食品特集①市場動向(中)】17年中食市場は8年連続拡大 初の10兆円超に、CVSは10年間で1.5倍超え 伸長市場ながら昨年は食中毒事案の影響も
    ・週4日以上毎食「孤食」は増加、17年は15%/食育白書
    ・シダックス18年3月期、減収減益も、トータルアウトソーシング事業が好調
    ・シダックス、同業他社と資本業務提携、カラオケ事業はグループ外へ
    ・シダックス志太会長兼社長、ロジスティックスや業務管理システムの提供などで連携を強調
    ・ナックス6月1日付、商品統括事業部長は織田氏
    ・Amazonフレッシュでミールキット販売開始/オイシックスドット大地
    ・《マイナス18°》「冷食の労働生産性は低い」
    ・5月24日~30日の首都圏地区の冷食特売チラシ
    ・─資料─ 2018年4月分冷凍野菜輸入通関実績④

2018年6月4日号

  • ・マンデー・オピニオン 「時間がない」からうまれるもの
    ・【業務用食品特集①市場動向(上)】17年外食市場は3年連続拡大 人手不足、異業種との競争激化が課題
    ・主要食品メーカー3月期、売上高営業利益率5%台維持 米ドル安定推移で上位メーカー増収目立つ
    ・【シリーズ 関西・東海の今!②】マルハニチロ関西支社
    ・関西支社ならではの『総合力』を強みにNo.1企業目指す 「信頼関係を大切にしつつ、今後はチームのメインどころに」
    ・食品メーカーの2018年3月期連結決算概要(非連結含む)
    ・─資料─ 2018年4月分冷凍野菜輸入通関実績③
    ・《マイナス18°》織り込み済みの計画を

2018年6月1日号

  • ・冷食協総会、業界関係者200人が参集 広報事業でシニア向け講習会、品質・技術はHACCPを会員内外支援
    ・《マイナス18°》週2日休めば…
    ・ベジタブル・ソリューションで中食市場へ拡大/カゴメ 食シーン別に野菜を活かした惣菜の提案と集客効果狙う
    ・日冷倉が都内で第45回定時総会、200人超が参集 今期はトラック待機時間削減の自主行動計画を実際に現場の活動に=大谷会長
    ・小田副会長が会長に、新理事も7人就任、来年40周年事業/日本外食品流通協会
    ・【本紙店頭調査③(完)】カテゴリー別配荷点数、おつまみが弁当品を上回る
    ・コープこうべ、システム投資や店舗改装など積極投資を展開 宅配事業は3年連続で過去最高を更新 冷凍食材キットやワントレー冷凍惣菜など新たなカテゴリーを追加
    ・―資料― 2018年4月分冷凍野菜輸入通関実績②

各出版物のご案内へ

食品産業新聞社

〒110-0015 
東京都台東区東上野2-1-11 サンフィールドビル8階

TEL:03-6231-6091(代表) FAX:03-5830-1570

ページ
上部へ
ページ
下部へ

Copyright c Shokuhin Sangyo Shimbunsha Co., Ltd All rights reserved.