酒類飲料日報

バックナンバーの見出し一覧(2018年)


2018年8月13日号

  • ・「一番搾り」年間計画をプラスに転換、ビール類計も7.0%増に上方修正
    ・アサヒの7月のビール類販売は7%減、「クリアセブン」47万c/sを出荷
    ・キリンの7月のビール類販売は15%増、「本麒麟」100万c/s以上を出荷
    ・サッポロの7月のビール類販売は8.0%減、「黒ラベル」缶は2割増
    ・今年もブランド価値育成に努める~MHD社長ブルノ・イヴォン氏が会見
    ・「バランタイン17」年から限定品
    ・「ベルギービールウィークエンド」日比谷初開催、4日で25,000人見込む
    ・「2017年 世界主要国のビール生産量」公開―キリンビール大学レポート
    ・シードル「ストロングボウ」料飲先行発売
    ・「ホワイトホース」ハイボール缶が好調
    ・「産地の恵み〈瀬戸田レモン〉」販売地域変更、豪雨被害で原料調達困難に
    ・低吸着パックで「きもと樽酒」―菊正宗
    ・「八重垣 純米 ひやおろし」―ヤヱガキ
    ・紙容器のラインアップを拡大―小西酒造
    ・糖質70%オフ・プリン体ゼロ刷新―月桂冠
    ・「松竹梅 天」新商品と既存商品リニューアル
    ・【目覚まし】 ウイスキーは凍らない、ということはあまり知られてない?
    ・2018年7月の合成清酒POS売れ筋ランキング(販売金額ベスト50)
    ・7月17日~7月29日の中部・近畿スーパーチラシ特売①
    ・2018年6月および1~6月の酒類輸入通関実績②

2018年8月10日号

  • ・JALエコノミークラス用オリジナルワインを大橋MWと大越ソムリエが開発 緻密な配合で5品種をブレンドした「機上で最もおいしく感じられるワイン」
    ・「ヴィーニョ・ヴェルデ」氷入りジョッキで提案―木下インターナショナル
    ・SVBがテイクアウト業態「BEER TO GO」を銀座Sony Parkに出店
    ・「クラフトビールメーカー141社の経営実態調査」発表 6割の企業が増収となるも、利益水準は4割で悪化―帝国データバンク
    ・「オリオンビール」からビアカクテルなど発売
    ・売上高は9期連続、営業・経常利益は3期連続で過去最高を更新―澁谷工業
    ・日本アクセスが「冷凍食品で家呑みしよ。」
    ・キャンペーン実施、200名に冷食当たる
    ・【金曜日のインサイト】 「檸檬堂」どうなった? と聞かれるので
    ・2018年7月の清酒POS売れ筋ランキング(販売金額ベスト50)
    ・7月17日~7月29日の首都圏スーパーのチラシ特売状況②③
    ・九州地区のRTD売れ筋ランキング(2018年7月・販売金額ベスト50)

2018年8月9日号

  • ・「本麒麟」好調を持続、各社の高アル新ジャンルは苦戦―7月のPOS
    ・6年目の「麦とホップ〈赤〉」
    ・軽井沢ビール、秋季限定商品発売
    ・銀河高原ビール「デュンケルヴァイツェン」
    ・オールフリー「選べる3連休BOX!当たる」キャンペーン実施―サントリー
    ・サッポロ「赤星」缶商品数量限定発売
    ・9位に「ほろよい」限定品ランクイン、サッポロ「男梅」も50位以内
    ・1~6月の大阪府酒類卸売数量は前年比1.9%減―近畿卸酒販組合
    ・シリーズ一新し、濃い辛口パック―菊正宗
    ・寶 和りきゅーる、白いちご使用の新商品
    ・全業態でプラス、気温高く夏物好調―6月の小売業態販売統計
    ・7月の清涼飲料市場は5%増、18年1~7月は累計3%増
    ・【目覚まし】 葉加瀬太郎は男梅サワーがお好き

2018年8月8日号

  • ・酒税法改正は集客に逆風となるも営業利益は大幅増に―カクヤス 今期もIPO(新規株式公開)へ準備進める
    ・7月のPOS平均価格、改正酒税法の影響で大半が「▲」
    ・6月の家計調査、酒類は3.2%増、改正酒税法施行の裏―総務省
    ・伊藤忠食品、あしなが育英会に200万円寄付
    ・南アフリカ初のMWリチャード・カーショウ氏招き、マスタークラス開催 冷涼な気候が生むエレガンス、土壌違い・クローン違いの比較も
    ・売上収益(酒税控除後)3.7%増、営業利益5.0%増―サントリーHD2Q
    ・売上収益4.6%増、国内ビール類の販売数量増加がけん引―キリンHD2Q
    ・10銘柄「灘の生一本」発売―灘酒研究会
    ・「糖質ZERO」を新発売、CPも実施―大関
    ・「松竹梅」から「秋あがり〈純米〉」発売
    ・機能性容器で「大吟醸パック」―月桂冠

2018年8月7日号

  • ・【話題の火曜日】 ストロング清酒の成否は
    ・1~6月の国産ウイスキー出荷は10.5%増、国産ジンは3.5%増―洋酒組合
    ・「ザ・マッカラン」限定品第3弾発売
    ・「プラムスピリッツ」ベースのジン発売
    ・1~6月の国産RTD出荷は11.6%増、新商品効果でリキュール規格も伸長
    ・「ちば環境再生基金」へ寄付―サッポロ
    ・協和発酵キリン商号変更「協和キリン」へ
    ・遠野市を「ホップの里からビールの里へ」、ビールのシリコンバレーへ キリンが農業生産法人のBEER EXPERIENCEに1億5,000万円を出資
    ・今年も「日本酒ロックで雪見酒」を開催―日本酒がうまい!推進委員会
    ・「木挽ブルー」1杯1円のキャンペーン実施
    ・スペイン「C.V.N.E.」ラベル変更
    ・「テラザス」から新商品スーパー限定発売
    ・プロセッコDOCがレストランキャンペーン
    ・国分、電子雑誌「飲み旅本」vol.3を公開
    ・「缶つま」「シーチキン」コラボ商品発売
    ・連結業績は増収・増益、構造改革推進へ―サントリー食品第2四半期
    ・【目覚まし】 「暑くて死にそう」が冗談じゃなくなるその前に
    ・2018年6月のその他醸造酒POS売れ筋ランキング(販売金額ベスト50)
    ・7月17日~7月29日の首都圏スーパーのチラシ特売状況①
    ・2018年6月および1~6月の酒類輸入通関実績①

2018年8月6日号

  • ・外食特集 成長の源泉は“人財”にあり 外食各社が人材への投資を活発化、育成強化や定着率向上を目指す
    ・人材育成の要に「ハブ大学」好業績にも直結、平均離職率は7%―ハブ
    ・連結売上収益4%減、営業損失30億円―サッポロHD2Q
    ・オエノンHD、平成30年12月期2Qは増収増益
    ・「水と生きる」ワークショップ―サントリー
    ・ペットボトル製品の生産設備を増強―サントリー食品インターナショナル
    ・「スーパードライ」などオーストラリアにて生産開始、設備投資は35億円
    ・オリオンビール豪雨被災地へ100万円寄付
    ・テキーラ「オレンダイン」新商品と価格改定
    ・台湾ウイスキー「カバラン」から新商品
    ・カクヤスがモルト専門オンラインショップ
    ・「キュヴェ・ルイーズ」からハーフボトル
    ・日本リカーの仏産新酒
    ・2018年6月の発泡酒POS売れ筋ランキング(販売金額ベスト50)

2018年8月3日号

  • ・1~6月の灘五郷清酒出荷数量は前年比9.7%減―灘五郷酒造組合
    ・1~6月の伏見清酒出荷数量は6.6%減―伏見酒造組合
    ・「豪快」からひやおろし発売―宝酒造
    ・キリン「富士山麓 シグニチャーブレンド」販路拡大、全国で発売へ 「熟成のピーク」コンセプトに原酒をブレンド、年内8,400c/s目指す
    ・「ウッドフォードリザーブ」が大井競馬場にブース出展、レース協賛も
    ・クラフトビール居酒屋「伊勢角屋麦酒」が八重洲にオープン
    ・「TOKYO隅田川ブルーイング」から第2弾
    ・「コロナと一緒に、夕陽をつかまえよう」オフィスワーカーへのメッセージ強化
    ・モトックス初の「自然派&オレンジワイン」試飲会に大きな反響
    ・欧州事業の好調で売上収益は上半期初の1兆円超に―アサヒGHD2Q
    ・伊藤忠食品第1四半期は増収大幅増益
    ・コンテナラウンドユース拡大―サントリー
    ・国分グループ本社人事異動(9月1日付)
    ・日本盛人事異動(8月1日付)
    ・伊藤忠食品役員人事(8月31日付、9月1日付)
    ・「サントリーウォーターレポート」を発表
    ・「クリアラテ抹茶 fromおいしい水」
    ・【金曜日のインサイト】 12度はごくごく飲む度数ではない

2018年8月2日号

  • ・7月のビール4社、OEM分抜きで2.0%減、酷暑は業務用に逆風に
    ・秋限定ビール「食楽」、新ジャンル「秋の宴」
    ・「日本ワインコンクール2018」結果発表、金賞は22点でメルシャンが最多
    ・大阪でジャパニーズクラフトジン「ROKU」ブランドセミナー開催 1~5月で2.2万ケース、プレミアムジンNo.1に―サントリースピリッツ 海外の販売実績は昨年1.5万ケース、食業態は6月末時点で1,200店に採用 日本のボタニカル6種類を使用、マリアージュは1:5のソーダ割りを推奨
    ・「白鶴錦 蔵元の集い2018」開催、使用メーカー9社が集まる―白鶴酒造
    ・「燗酒コンテスト」結果発表、各部門計43点が最高金賞
    ・醉富銘醸、破産手続き開始
    ・1~6月の埼玉県卸出荷は前年同期比16.1%減
    ・CIF単価59,694円で前年と変わらず―6月の麦芽輸入通関
    ・ホップのkg当たりCIF単価は1,450円―6月のホップ輸入通関
    ・2018年6月および1~6月の麦芽輸入通関実績
    ・2018年6月のリキュールPOS売れ筋ランキング(販売金額ベスト50)
    ・7月11日~7月22日の中部・近畿スーパーチラシ特売②

2018年8月1日号

  • ・6月の製造免許新規取得は19件、大手ではメルシャンが長野で新規免許
    ・1~6月の焼酎甲類の出荷数量は3.5%減―日本蒸留酒酒造組合
    ・6月の輸入新ジャンルは前年比6割減、PB国内製造移管で韓国が7割減
    ・「プライムリッチ」刷新、より華やかな香り
    ・10月に「プレモル〈黒〉」、4缶パックも
    ・ビール組合、新会長代表理事に髙島英也氏
    ・500mlパックで大吟醸と純米酒/大坂屋長兵衛180mlボトル缶を発売―大関
    ・燗酒180mlボトル缶を発売―日本盛/「香る糖質ゼロ生酒」新発売―月桂冠
    ・「カミュ」がプロデュースしたアイリッシュ「ランベイ」でセミナー開催
    ・3回目となる「シードル コレクション」ビッグサイトで開催
    ・1日限りの「やまなし産直市」で、日本一早いヌーボーワインを紹介
    ・シャンパーニュ今年は早期収穫、量も潤沢
    ・低アルコール飲料特集⑤・終 宝酒造「焼酎ハイボール」は20%増で推移、こだわりの新製品も続々
    ・全清飲がサマーパーティーを開催、猛暑の中「健やかな生活を支える」
    ・2018年6月のスピリッツPOS売れ筋ランキング(販売金額ベスト50)
    ・7月11日~7月22日の中部・近畿スーパーチラシ特売①
    ・2018年5月および1~5月の酒類輸出通関実績⑤
    ・RTD新製品一覧(各社7月発表分)

媒体情報と最新号のご案内へ
食品就活ドットコム
広告募集中

各出版物のご案内へ

食品産業新聞社

〒110-0015 
東京都台東区東上野2-1-11 サンフィールドビル8階

TEL:03-6231-6091(代表) FAX:03-5830-1570

ページ
上部へ
ページ
下部へ

Copyright c Shokuhin Sangyo Shimbunsha Co., Ltd All rights reserved.