日清食品ホールディングス(株)(安藤弘毅CEO)は8月24日から、CSR活動「百福士プロジェクト」の第25弾「もしものときに、いつものおいしさを 災害備蓄・ローリングストッカーズ」を実施する。

防災備蓄食を日常的に消費しながら、使った分を買い足す「ローリングストック」の認知向上を目的としたもの。今回のプロジェクトではローリングストックを実践し、周囲へも実践を促す人を「ローリングストッカーズ」と命名。同社グループの役員・社員が「ローリングストッカーズ」として全国のスーパーや防災イベントなどで啓発活動を行う。

【全国のスーパー】
9月1日の防災の日に向け全国各地のスーパーで約300人の日清食品グループ社員が、「ローリングストック」の方法やコツをまとめた災害備蓄に関するリーフレットを配布。8月24日、25日、31日、9月1日に実施予定。

【イベント】
ローリングストックを楽しみながら学ぶ企画を実施。
△ラーメン記念日フェスタ=8月24日、日清食品千歳工場
△茅ヶ崎防災フェスティバル2019=10月20日、神奈川県茅ケ崎市・中央公園・総合体育館前庭・市役所本庁舎
△国営昭和記念公園アウトドアフェスティバル2019=11月9日、10日、国営昭和記念公園ゆめひろば(東京都立川市)。

その他イベントへのブース出展も予定する。

〈米麦日報 2019年8月23日付〉